記事の詳細

女性に人気のお菓子に関係する資格ですが、実は様々な種類が存在することをご存知ですか?スイーツが大好きな女性におすすめのお菓子作りに関する資格。

持っているとどのようなことに活かせるのか、その種類にはどんな違いがあるのかといったことは気になるところですよね。そこで、その種類を人気順にご紹介します。

一位
製菓アドバイザー

製菓アドバイザーは、乳製品、砂糖、チョコレート、ナッツ、フルーツや、小麦粉やスパイスなどの広い知識が必要となる資格です。お菓子作りをする際に重要な材料選びや作り方についてなど、洋菓子全般の知識を学び、身につけることが出来ます。お菓子の焼き方などはもちろん、ケーキの知識や焼き菓子、生菓子など、様々な知識が必要とされるのまさにプロフェッショナルと呼べる資格と言えます。主にお菓子教室の講師などとして活躍したい方などが取る資格ですが、最近ではセミナーなどを開いて活躍されている方も多くみられます。2ヶ月に一度資格試験が行われており、在宅で学ぶことも可能ですのでとても取りやすい資格と言えます。職業として活かすことはもちろん、ご自宅でお菓子作りをする際にも役立つ知識が身につくので、お菓子を作ること、食べることが好きな方は持っていて損はない資格です。一般家庭で活かすというよりは、専門的な知識を習得したいという方には製菓アドバイザーはおすすめの資格と言えるのではないでしょうか。

二位
お菓子作りインストラクター

お菓子作りインストラクターは、日本インストラクター協会が運営している資格です。洋菓子のレシピや作る際に必要な道具、材料など、お菓子に関する様々な知識を証明出来る資格と言えます。一般家庭で手に入る材料や道具の知識、焼き方のコツや計量、混ぜるタイミングなどをアドバイスすることが出来るようになります。プロが使う調理器具や環境を必要としない家庭的なお菓子作りを提案するための資格なので、クッキーやシフォンケーキ、ブラウニーなどの家庭的な洋菓子の作り方を学ぶ必要があります。そのため元々ご自宅でお菓子作りなどを好んで行なっている方などにとっては楽しく学べるのではないでしょうか。在宅で受験が可能ですので、子育て中のかたなどにもおすすめと言えます。この資格を取得することで料理教室やお菓子教室の講師としての活躍が期待できます。

三位
スウィーツ・スペシャリスト

スウィーツスペシャリストは日本創芸学院が行なっている講座を終了することで取得することが出来る資格です。和菓子、洋菓子、果物などの食後のデザートと言えるスウィーツ全般の知識を証明する資格です。スウィーツの作り方はもちろん、その歴史なども知ることが必要とされます。食事との組み合わせなどの評価なども出来、スウィーツだけではなく西洋の料理なども学ぶことが出来ます。多くの知識や技術が必要とされるため、スウィーツを評価する側のアドバイザーやスペシャリストとして活躍出来る資格です。基本的な知識やお菓子作りの技術やノウハウを習得できるので、カフェなどで働く際には有利になる資格と言えるでしょう。ご自宅でのお菓子作りの腕を上げるため、趣味を楽しむためなどの目的で資格を取る方もいるので、お菓子作りが好きな方にはおすすめと言えます。たくさんのスウィーツのレシピを学ぶことが出来るので、お菓子作りのレパートリーを一気に増やすことにも繋がります。レシピを学ぶことはもちろん、アレンジの方法なども身につくのでスウィーツを創作することを楽しむことも出来るようになるのではないでしょうか。将来パティシエになりたいなどという目標がある方にとっても、スウィーツスペシャリストの資格を取得するにあたって学んだ知識はとても役に立つと言えるので、それを証明する資格はあって損はないでしょう。内容は専門的でプロフェッショナルなイメージとは違い、お菓子作り初心者の方にもおすすめな資格と言えます。

四位
スイーツコンシェルジュ

洋菓子を中心に食材の構成などの基本的な知識を取得出来ます。スイーツの文化や歴史などの知識も必要とされるので、資格取得後はスイーツ評論家としても活躍出来ます。

五位
菓子製造技能士

国家資格である技能検定制度で、お菓子の製造から学科、実技まで合格して取得出来る資格です。洋菓子製造業やパン職人、お菓子職人を目指す際に必要となる資格です。この資格があるとパティシエとして開業、就職する際には有利になると言えるでしょう。

六位
製菓衛生師

この資格は厚生労働大臣の定める基準を満たした製菓業者であるかを証明する名称独占資格です。衛生法規、栄養学、食品学など様々な知識が必要とされ、幅広い知識と技術が必要とされます。

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る