記事の詳細

インド料理にご興味がある方、インド料理に関する様々な資格があることをご存知ですか?インド料理と言えばカレーをイメージする方が多いとは思いますが、そのカレーにも様々な種類があり、様々なスパイスが使われています。それぞれ調理方法も異なり、アレンジを加えることでカレー作りを楽しむことが出来ます。しかし調理方法などの知識がなければそうしたアレンジや応用は難しいので、料理を楽しむためにも知識を習得することをおすすめします。そこで、インド料理の資格を人気順にご紹介します。

一位
インド料理ソムリエ

インド料理ソムリエは、日本安全食料料理協会が運営している資格です。インド料理のレシピや使われるスパイスの種類、食材などの幅広い知識が必要とされます。ほかにもインド料理に合う飲み物やデザートやお菓子などのインド料理に関する様々なことを学習します。食材やスパイスの使い方やレシピなども習得出来るので家庭での実践にも活かすことに繋がります。インドの食文化やその特徴だけではなく、文化の違いなどの知識も必要なので、インド料理を人に伝えることが出来るようになります。資格取得後はインド料理を日本で普及させるための講座などを開く方も多くみられます。受験資格はなく初心者でも気軽に受けられることから最近人気の資格です。飲食系のお仕事をされている方にはとても役に立つ知識が習得出来るのでキャリアアップを目指す方にはおすすめです。資格取得で料理教室を開くなどの方も多く、ご自宅での料理も楽しくなるので様々なことに活かせる資格と言えます。

二位
インド食文化インストラクター

インド食文化インストラクターは、日本インストラクター協会が運営している資格です。インド料理の種類や資格などの知識が必要とされます。様々な国で愛されているインド料理ですが、日本で食べられてるインド料理からアジアやイギリスなどで食べられているインド料理まで、その特徴や違いなどを学習します。地域によって異なるインド料理についてや、宗教による食事の違い、食事作法などといった知識も必要とされます。インド料理についてだけではなく様々なインドの文化なども学ぶことが出来るので、料理に関する専門的知識と同時にインドの様々な知識を得ることに繋がると言えます。インド食文化インストラクターとしてスクールでの講師をすることを目標とする方などにおすすめの資格です。資格取得後はご自宅での料理に活かすことが出来るので料理のレパートリーが増えるといったメリットもあります。

三位
カレーマイスター

カレーマイスターとは、日本野菜ソムリエ協会が運営するし資格です。カレーの歴史や種類、スパイスの特徴や効能、効果などといった様々な知識を習得していることを証明する資格です。カレーの魅力を人に伝えるためのコミュニケーションスキルなども必要とされ、資格を取得することでインド料理に欠かせないカレーの知識を普及させることが出来るようになります。実践的な学習によりカレーのオリジナルレシピや、カレーをより美味しく、栄養豊富に楽しめるので料理好きな方におすすめの資格と言えます。カレーやスパイスの奥深さ、魅力を学び、理解することでカレーを極めることが出来ると言えます。講座は「カレーコミュニケーション」「カレーヒストリー」「スパイスサイエンス」「カレープロデュース」の4科目があります。3科目以上出席でカレーマイスターの資格を取得することが出来ます。カレー店などの飲食店でお仕事をされている方だけではなく、カレーが好きな方、料理に興味がある方にとっては楽しみながら資格を取得することが出来るのではないでしょうか。飲食関係のお仕事をされている方のキャリアアップに繋がることはもちろん、スクールを開き講師としての活躍も期待出来ます。カレーの様々なレシピを知ることで様々なバリエーションのカレーをご自宅で楽しむことが出来るようになるので、料理が趣味の方などにもおすすめの資格です。
インド料理資格  インド料理資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る