記事の詳細

私達が普段友人や仲間たちと飲むお酒は色んな種類が最近で出回っていますが、本当に自分の好みに合うお酒を見つける事が出来ている人は意外に少ないのではないでしょうか?楽しくそして美味しくお酒を飲む方法の一つでもあるカクテルはいろんな種類の中から自分の好みに最も合うお酒を見つける事が出来る奥深いお酒の一つです。

カクテルとは?

カクテルとはベースのお酒に氷やお酒以外の飲み物を専用のシェイカーで混ぜ合わせて作ったもので、中には温かいカクテルなども有るとても奥深くバラエティーに富んだ飲み物です。作り手が想像をして美味しくお酒を楽しめるようにバランスを考えながら一つのカクテルを作っていくため、作り手の数だけ味は異なっていたり、飲み物やジュースなど材料となる物の数だけ豊富な種類のカクテルを作り出すことが出来ます。

カクテルの誕生秘話

カクテルは古代の人々が、より美味しいお酒を求めて他の飲み物と混ぜて作り出したのが始まりと言われています。文献として残されている最も古いものでは1748年ロンドンで出版された冊子にカクテルを指していると思われる記述があります。おしゃれなイメージからは想像する事が出来ませんが、実は歴史的にも古くからある事が判ります。

カクテルソムリエになるためには?

カクテルソムリエになる方法としてはBARなどで働きながらバーテンダーの作るカクテルを学び取り、研究をしてカクテルソムリエとなる方法と、専門学校で実務やお酒の基礎を学びながらスキルと技術を得ていく方法、そして通信講座で学びながら知識を身に付け、実際に技術をつけていく方法の3通りがあります。働きながらカクテルソムリエを目指す場合、技術的には最も早く身に付ける事が出来ますが、知識面に関しては独学で学ぶ必要があり、専門学校で知識を技術を学ぶ場合、通学のための時間や費用を多く必要とします。そして通信講座にて学ぶ場合、自分のペースで学習を進めていけるため効率よく知識を得る事が出来ます。

カクテルソムリエの資格を取るには?

カクテルソムリエの資格を取得するには日本安全食料料理協会が認定しているカクテルソムリエ認定資格を取ります。このカクテルソムリエ認定試験はインターネットから申し込みをすることが出来、受験は在宅で行われます。申し込みから包皮判定まで全てを在宅で行えるので、時間の無い方や忙しい方でも気軽に資格取得を目指す事が出来ます。また、年間を通して6回、2か月に1度試験が実施されているので、季節やシーズンによって仕事などで忙しくても次回の試験が早く開催されているのでいつでもチャレンジしやすい環境があります。

認定を行っている日本安全食料料理協会ではコーヒーソムリエや紅茶アドバイザー、ワインコンシェルジュ、ベジスイーツマイスター、幼児マイスターなど飲食に関係している様々な認定資格を行っている団体です。カクテルソムリエの認定資格と併せて他の資格を取る事で活動の幅がぐっと広げる事が出来ます。

資格取得後に出来ること

カクテルソムリエの資格を取得することでカクテルソムリエとして活動することが出来るのでBARテンダーとして活躍する事が出来るほか、独立して自分の店を持つ事も夢ではありませんので、大きな目標を持つことが出来るほか、カクテル講習などを開催して講師として活躍する事も出来るマルチナ活動をすることが出来ます。

カクテルソムリエ認定資格は単に資格の取得を行うだけではなく、取得後にいろんな活躍をすることが出来るほか、日本はもちろん、海外で言葉が通じなくてもカクテルを作る事で世界中の人々と交流を持つことが出来ます。フリーコミニュケーションの手段の一つとしても活用することが出来ますので、自分次第でどんな活躍でもする事が出来ます。カクテルに興味があるという趣味の範囲で資格取得を目指す方はもちろん、プロとして資格取得を目指す方まで幅広いチャレンジが出来ます。
カクテル資格  カクテル資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る