記事の詳細

キッチンは料理が好きな女性にとって特別な場所です。(男性にもそのような想いがある人もいるかもしれませんね。)
料理を作っているときは夢中になれる、時間をかけて料理をするのが楽しい、美味しいと言ってもらいたいから頑張れる!
いろいろな想いの女性がいると思います。
一方、最近は、あまり時間をかけられず、短時間でできる料理や調味料は人気だったりもします。
自分自身や家族の健康を守る場素であるからこそ、キッチン周りは快適な空間にしておきたいですよね。

家族の健康を守りたい母親や、女子力をアップさせたい若い女性に人気のキッチンに特化した資格をご紹介します。

第1位 キッチン心理カウンセラー

●どんな資格?
日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の民間資格です。
キッチンの施設に関することと心理学の基礎をしっかり身に着け、ストレスなど精神的なものが原因である症状別の治療法を理解している人に与えられる資格です。
資格取得後はカウンセラーとして活動できるレベルになります。
心理学を学びたい人、料理やキッチン周りの設備やインテリアに興味がある人におすすめです。

受験費用:1万円
●オススメの理由
心理学を元にしたキッチン用品の配置やインテリアを考えることができるので、実生活にとても役立ちます。
また、この資格はちょっと珍しい資格なので、持っていると一目置かれるかもしれませんね。
特別な受験資格が不要で、在宅受験ができます。試験も2か月に一度行われるので、チャレンジしやすいのが魅力です。

第2位 キッチン心理アドバイザー

●どんな資格?
日本インストラクター協会主催の民間資格です。
キッチン心理アドバイザー同様、心理学を元にしたキッチン周りのアドバイスを行うことができる人に与えられる資格です。
受験費用:1万円
●オススメの理由
自分だけでなく、身近な人にアドバイスをしたい人、イベントや講習会などで講師として活動したい人にオススメです。
こちらも在宅受験ができます。キッチン心理カウンセラーと内容が似ているので、2つ同時に攻略できる講座やテキストもあります。

第3位 キッチンスペシャリスト

●どんな資格?
インテリア産業協会主催の民間資格です。
生活者のニーズに合わせて、快適で使いやすいキッチン空間を提案、アドバイスするできる人に与えられる資格です。
キッチン全体の空間やキッチンの機能、キッチンの設計、施工の知識を活かし、トータルにアドバイスをしていきます。
協会認定の通信講座があるので、受験をしたい人はこちらを利用するとよさそうです。(受講料38,800円)
試験は年に1度で、筆記試験と実技試験があります。
筆記試験は、食生活に関すること、キッチン空間、キッチンの機能、キッチンの販売に関する問題が出題され、実技試験では平面図、展開図、立体表現等の図面表現を書き、キッチン空間の企画や提案を行う試験となります。
受験費用: 14,000円(税込)(実技、もしくは筆記のみの場合は1万円)
●オススメの理由
建築・インテリア・住宅設備業界などでの活躍が期待できます。
実際、これらの業界で働いていて、キャリアアップのために取得する人が多いようです。
キッチン周りのショールームでは、この資格を持っている人が活躍しています。
キッチン心理カウンセラー  キッチン心理カウンセラー

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る