記事の詳細

現代の忙しい女性にとって、癒し系アイテムは必要不可欠なのではないでしょうか?
自分にとってのストレス発散や癒し効果のあるものを知っているかどうかというのは非常に大事です。
その、癒し系アイテムとしてキャンドルを選ぶ女性は多く、さらにそのキャンドルを自分の好きなように作ってみたい!と思う女性も多いのです。
そのキャンドル作りをアドバイス・指導するプロがキャンドルアドバイザーです。
カルチャースクールでキャンドル作りの講師をやろうと思ってる人、自宅でキャンドル作り教室をやろうと思っている方から人気の資格となっています。

キャンドル作りの講師として働く上で必要不可欠と思います(40代・女性)

もともとキャンドル作りはすごく好きで、色んなものを作っていたんです。
やっぱり、なかなか自分の好みのキャンドルって無いんですよね。
もっとこんなデザインにしたらいいのに、とか、なんでこんな匂いにしちゃうんだろ、とか。
なので、自分で作るようになったのが数年前の話ですが、キャンドル好きな仲間には、私と同じような気持ちの人が結構いるんだと思いました。
空いた時間を使って、キャンドル作りを教える仕事とかはできないかな?と思ったんです。
カルチャースクールだとそういう需要は結構あるみたいなので、せっかくだったらチャレンジしてみようと思いました。
ただ、教えるのに特別な資格はいらないにしても、あった方が講座を受ける側からしたら安心ですよね。
私が講座を受ける生徒側だったら、プロから教わりたいと思いますし、資格もないのに教えるのもどうかなと思い、キャンドルアドバイザーの資格を取ることにしたんです。

資格はないよりある方が信頼関係も大きい

結構自分ではキャンドル作りは得意と思っていましたが、やっぱり資格の勉強をしないと知らなかったこともかなり多かったので、資格取得は目指してよかったと思います。
資格自体は短期間で1万円程度で取れるものではありますが、やっぱり教える以上「アドバイザー」の肩書があるかないかは自分の自信という面でも生徒さんの信頼という面でも大きいですよね。
今後、キャンドル作りの講師として活躍したい!と思っている方にとって、あって損はない資格だと思います。

教える自分もレベルアップできる(30代・女性)

自分でモノを作るのが好きで、キャンドルもやっぱり自分で作っていたんですよね。
そのうち周りの人から、お金を払うから教えてほしい、となって、安い金額ですが何人かの友人を集めてプチ教室みたいにしていたんです。
そのうち、友人がそのまた友人を紹介してくれたり、もっと高度なキャンドルを作りたい、という人が増えて、だったら私も本格的に教える側としてレベルアップしたいな、しないといけはいなと思ったのがキッカケで資格の勉強をしました。

資格を取得してからクオリティーがあがった!

キャンドルアドバイザーの資格の勉強をしてみると、やっぱり自分は素人だったなと身に染みて思うことが多かったです。
でも、それを知れたおかげで、キャンドル作り教室の満足度は上がったと思います。
やっぱり、人を喜ばせようと思ったら、まずは自分がレベルアップしないと感動は与えられないですよね。
新しいデザインや匂いのものを提案できるようになって、教えた人が喜んでくれるようになったのが1番嬉しいです。
キャンドル  キャンドル

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る