記事の詳細

キャンドルの柔らかな炎を見ているとホッとして癒されますよね。

フレグランスキャンドル、アロマキャンドル、フローティングキャンドル、カップキャンドルなど

様々なキャンドルがあることを御存知でしょうか?

ライフスタイルに合ったキャンドルを提案したり、キャンドルアーティストとして活動したりと

キャンドルに関わる資格は様々です。

講師として教える立場、接客販売、デザイナーとして活躍することもでき、自分に合った資格が見つかります。

 

1位 キャンドルデザインマスター

理由

キャンドルデザインマスターとはキャンドルを制作するデザイナーの資格です。

キャンドルの形は様々です。

ベーシックな円柱、立方体、球などあれば、水に浮かぶフローティングキャンドル、グラスキャンドル、

また香りが楽しめるアロマキャンドルもあります。

キャンドル作成に関する知識やテクニックとキャンドルへの深い知識、歴史、仕組み、使用方法など

幅広く学び、相手に伝えることができる資格がキャンドルデザインマスターです。

キャンドル資格のキャンドルデザインマスター

資格試験は?

試験資格は特にありませんが、

試験ではキャンドル製作の材料や各種キャンドルの特徴、製作の工程などが問われます。

インターネットより申し込み、在宅試験になります。

試験は2ヶ月に1回行われます。

 

資格取得後は?

キャンドル販売会社、スクール講師、独立して開業することもできます。

一度、身に付いて知識や技術は自分次第で幅広く成長することができます。

 

2位 キャンドルアドバイザー

理由

キャンドルアドバイザーとは

日本インストラクター技術協会が主催するキャンドルアドバイザーの資格です。

キャンドルの基礎知識、技術はもちろん学べますが、

更に講師として活動できるように指導もしてくれる資格です。

こちらも受験資格は特になしです。

受講料は10000円(税込)、インターネットから受験申請をします。

試験は2ヶ月に1回と、いつでも受けることができます。

合格基準は70%と高めです。

キャンドル資格のキャンドルアドバイザー

資格取得後は?

キャンドル専門店で資格を生かすことができます、

また副業でカルチャースクールの講師をしたり、自宅でキャンドルを生かしたサロン、教室をすることもできます。

 

3位 キャンドルマイスターディプロマ

理由

キャンドルマイスターディプロマとは、

日本ヴォーグ社通信教育の講座 を学ぶ必要があります。

キャンドルの基礎と技術を自然はもちろんですが、

ディナーキャンドルやフレグランスキャンドル、スイーツ型キャンドルなど

10点のデザインが楽しみながら制作できます。

学習有効期間内に10作品と色見本の完成写真を提出し合格者に

日本ヴォーグ社通信教育認定のキャンドルマイスターディプロマ認定資格が取得可能です。

 

キャンドルマイスターディプロマ認定資格には

講座受講料以外に申請料金として20000円かかります。

 

4位 JCA認定キャンドルアーティスト

理由

JCA認定キャンドルアーティストとは

日本キャンドル協会により公式認定された資格です。

キャンドルのプロフェショナルとして求められるスキル、企画や提案、制作することができて、

空間装飾プロデュースができるアーティストとして認められた方に認定されます。

個人のセンスと知識が必要となるJCA認定キャンドルアーティストは、

キャンドル業界に在職中やフリーでキャンドル活動を広めたい方にピッタリです。

 

JCA認定キャンドルアーティストの資格取得することで

日本キャンドル協会主催展示会の出展、ワークショップ派遣講師など凱旋依頼があります。

また協会運営のキャンドルショップから特別価格で購入ができます。

 

5位 JCA認定キャンドルインストラクター

理由

JCA認定キャンドルインストラクターとは、

日本キャンドル協会により公式に認定された方に与えられる

キャンドル制作を教えるプロのインストラクター資格です。

キャンドルの知識、ノウハウ、レシピ制作、スキルまでの全てを習得する必要がありますが、

資格合格後はJCA直営校で講師として働くことや、

自身で独立してカルチャー教室を開き、活躍することもできます。

 

資格取得後は

JCA認定ディプロマの取得以外にもJCA認定インストラクターライセンスカードの取得も付いてきます。

日本キャンドル協会認定校の講師、認定校および推奨校の開校申請権利など幅広く活躍できそうです。
キャンドル  キャンドル

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る