記事の詳細

温泉と言うと少し都会から外れた所にあるという認識が一般的ですが、天然の温泉という括りを置いておけば、都内や首都圏にも多数の温泉が存在します。無論天然温泉も存在してはいますが、その分人気の度合いが高まり、なかなかゆっくりと楽しめないといったジレンマがありますね。
せっかく都会の喧騒や仕事の煩わしさから逃れてリフレッシュするのですから、温泉は静かにゆったり楽しみたいのが万人の共通意識ではないでしょうか。
今回は温泉に関するちょっとした話題と、温泉に関連するサナトリウム健康アドバイザー認定試験で取得できる資格に関してご紹介していきます。

日帰り温泉より手軽に

温泉となると旅館がイメージにきますが、そうなるとどうしても1泊の重みが時間的にも金銭的にものしかかってきてしまいます。
温泉旅行としてなら2泊以上してゆっくり楽しみたいものですし、週末に温泉へ、というのも些か慌ただしいスケジュールになってしまいがちですよね。
最近では首都圏にも天然温泉を売りにしているスパ、銭湯が徐々にその利便性を広めてきており、仕事帰りに寄っていけるほど便利な施設となっています。
マッサージや仮眠室といったスペースは今までにもありましたが、ただの売店に留まらない旬の素材を使用した料理が楽しめるレストランや、そのまま宿泊できるようなタイプのものまで登場しており、多彩なサービスが用意されています。
大型の温泉施設も年々増加している傾向にあり、入場料を払って様々なタイプの温泉を楽しむ事ができるスパリゾートと呼ばれる施設もありますね。
大抵のところでは岩盤浴等も併設されており、リラックスやリフレッシュをするにはやはり湯というイメージが強い事が分かりますね。

温泉の小話

温泉地の数は全国でも3000箇所を超える数が確認されていますが、そもそも温泉というのは法的にも定義されており、普通の水ではなく天然の特殊な硬水や、ガスが湧き出ている場合にのみ限られます。
少し昔にはそういった温泉詐欺とも呼べる事が頻発した事もありました。
日本は山が多くある事もあり、火山の関係から温泉が多く、日本神話にもよく登場している事も興味深い事実ですね。
温泉を擁するの宿泊施設が最も多い都道府県としては、北海道が不動の一位となっており、次点に静岡、長野と続いています。
やはり寒気の厳しい北国では利用者数が多いという結果でしょうか。
そもそもの面積においても北海道は広大ですから、そういった所も関係していそうですね。
関東圏では神奈川もトップ10入りをしており、箱根温泉が有名な温泉地として知られていますね。なかでも屈指の名泉として知られる稲村ヶ崎温泉は鎌倉観光の際には是非とも寄って頂きたい名所です。
また、考古学の観点からも温泉は考察されています。
温泉には塩を含むものが大半ですが、塩分を求めて草食動物が温泉に集まり、そしてその草食動物を狩猟する人間が温泉の近くに集まり、そこから集落がうまれて行き、今日の温泉文化の発祥となったのではないかと推察されています。

サナトリウム健康アドバイザー認定試験口コミ評判 概要

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
サナトリウムという言葉は元々結核の治療施設を指していましたが、元を辿るとラテン語のsanitasに治るという意味を持つsanoを組み合わせて作られた造語となっており、保養所という意味合いも持っています。
転じて、この資格では温泉にまつわる歴史や知識を持っている事を証明するものとなっており、ガイド等の職業の方にもオススメできる資格となっています。
特に温泉分析表等の見方など、基本的な知識を求められる傾向となっているため、受験資格が緩い事からも口コミで人気が広がっているようです。

さて、温泉にまつわる小話、歴史から、サナトリウム健康アドバイザー認定試験というちょっと本格的な資格までご紹介していきました。
興味のある方は是非調べてみてくださいね。
温泉観光  温泉観光

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る