記事の詳細

人生で欠かせない食文化ですが、最近はスパイスや調味料に注目が集まっています。

特に女性に人気の資格と言えばスパイス・調味料資格です。

スパイスには様々な効能があることを御存知ですか?

スパイス料理として有名なカレーはターメリックが使用されています。

ターメリックは消化作用や新陳代謝の活性を良くする働きがあると言われています。

他のスパイスでもシナモンは独特の香りや殺菌効果などの働き、

有名な生姜は生薬としても用いられています。

発散、解熱、保温などの働きがあります。

知れば知るほどスパイスや調味料の世界は奥が深く楽しい資格なのです。

 

1位 スパイス香辛料アドバイザー

理由

スパイスの歴史やスパイスの種類を理解し、

様々なスパイスを有効的に活用できる知識を持つ人へ認定されます。

試験問題は、

スパイスと歴史、スパイスの効果、作用、スパイスの特徴、利用方法、スパイスの種類、分類、スパイスの原産地等。

スパイス資格のスパイス香辛料アドバイザー

資格試験は?

試験資格は特にありません。

インターネットからの申込み、在宅受験になります。

合格基準は70%以上で合格です。

 

資格取得後は?

飲食業界、自宅で料理教室、カルチャースクールなど活躍する事が可能です。

 

2位 スパイスインストラクター

理由

日本インストラクター技術協会が運営するスパイスインストラクター、

主にスパイスの名称、種類、産地、そしてその効能についての知識を身につけて、

スパイスを食品や料理に活用できる知識を持つ人が資格を取得できます。

レストラン、食品メーカー、香辛料メーカー、カルチャースクールなどで仕事をする方、

目剤している方におすすめしたい資格です。

 

資格試験は?

スパイス香辛料アドバイザーと同じく試験資格は特にありません。

インターネットからの申込み、在宅受験になります。

合格基準は70%以上で合格です。

スパイス香辛料アドバイザーとW受験も可能です。

スパイス資格のスパイスインストラクター

資格取得後は?

スパイスインストラクターとしてカルチャースクールなどで

講師活動が可能でます。

飲食業界では、更にスキルアップができます。

 

3位 スパイスコーディネーター

理由

こちらはスパイスコーディネータ(SCA)協会が認定している資格です。

スパイスとハーブの違い、スパイスの知識など勉強することができます。

 

資格取得後は?

スパイスの品質や特性を把握することにより活用方法などを提案指導できます。

飲食業界はもちろん、自宅でカルチャースクールなど活動できます。

 

4位 スパイス&ハーブ検定

理由

公益財団法人、山崎香辛料振興財団主催しているスパイス&ハーブ検定は、

大手ヱスビー食品も協力しています。

スパイスやハーブの使い方、基礎知識など

スパイスとハーブ全般の幅広い知識を習得する検定です。

 

試験は?

東京、大阪で開催されます。

資格は3級、2級、1級とありますが、3級、2級は誰でも受験できます。

年齢、性別等制限なしです。

1級試験は2級合格者になります。

試験は全て マークシート形式、合格基準は正答率80%以上と少し高めです。

 

5位 カレーマイスター

もはや国民食と言えるカレーで誰もが好きなメニューのヒトツです。

が主催するカレーマイスターは、

カレーに対する知識の習得を目的としている認定資格です。

カレーマイスターはカレーの専門知識の習得は勿論ですが、

食の楽しみなどを広めるなど、カレーを通じたコミュニケーション術に関しても

学ぶ事の出来ます。

 

カレーマイスターになるには?

日本野菜ソムリエ協会が主催するカリキュラムを受ける必要があります。

カレーコミュニケーション、カレーヒストリー、スパイスサイエンス、カレープロデュースなど

講座全4回中3回以上出席者に修了試験が受けられます。
スパイス  スパイス

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る