記事の詳細

スポーツフード資格は、プロスポーツ選手や一般のアスリートの方などに食事の指導が行える資格のことを言います。トレーニングをする上で食事はとても重要なことなので、栄養などの知識はスポーツをする人にとっては必須と言えます。そんなスポーツフード資格には実は様々な種類があるのをご存知ですか?スポーツフード資格を一括りに考えている方も多いのでは?そこで、スポーツフード資格の人気ランキングをご紹介致します。

一位 スポーツフードマイスター

スポーツフードマイスターとは、筋肉や体力、身体の機能を活用するために必要な栄養素や、持続力を促すためのエネルギー、栄養、水分などの知識が証明される資格です。体のコンディションを整える食事や、そういったレシピ、献立などの知識も得ることが出来、それをスポーツをする人に向けて指導することが出来ます。また、ダイエットや減量などを目的とした食事法もマスター出来るので、一般の方も参考に出来る知識を持った資格と言えます。この資格があるとスポーツ選手にとって重要となる効率のいい食事の摂り方や食材選びなどを指導することで、それぞれのスポーツをする上での理想に沿った肉体作りをサポートすることが出来ます。スポーツフード資格の中でも人気のある資格なので、セミナーや講座などでスポーツフードマイスターを紹介する方も多く、様々な場面で有効に活用することが出来るのではないでしょうか。

二位 アスリート栄養食インストラクター

この資格は主に、トライアスロンやフルマラソンなどの陸上競技や水泳といったハードなスポーツ向けの栄養食の知識をアドバイスすることが出来る資格です。筋肉の発達に必要とされる糖や消化を効率よくするための適切な食材選びや食材に含まれる栄養素などの知識を必要となります。ミネラルや栄養が体に与える影響などといった知識を要するため、専門的な知識が身に着く資格と言えます。疲労回復や故障時の回復食、試合などの時期に合わせた食事の調整などを考慮しながらアドバイスを行なっていきます。そういったことが出来るのはアスリート栄養食インストラクターだけなので、そうした専門性のある知識はアスリートにとってとても役に立つのではないでしょうか。トレーニングに効果的な栄養、食材だけではなく、減量や増量などの知識もあるのがアスリート栄養食インストラクターの資格です。

三位 アスリートフードマイスター

この資格は1級から3級まであり、栄養や食事の管理の高度な知識必要とされます。アスリートの食事のマネジメントを基本的に行ないますが、栄養学や医療的な面で役立つメンターとしての役割も果たします。アスリート自らが食事の管理をするためのメニューや組み合わせ、調理法などの指導も行ないます。アスリートのトレーナーなどに必要とされる知識が身に着く資格なので、幅広い活躍が出来るのではないでしょうか。持久力に繋がる糖や脂肪の摂り方や、効率よくハイカロリーなメ食事をとる必要がある場合などのメニューなど、アスリートにとって非常に役立つ情報や知識を指導することが出来る資格と言えます。1級ともなると学ぶ内容は高度になり、プロのアスリートの方などに競技での更なる向上に繋がる栄養学を取り入れた食事法などのアドバイスが出来ます。3級は難易度も低めで合格率は85パーセントと高いのですが、2級、1級となると難易度は高くなりその分合格率も下がります。プロのスポーツ選手の奥さんなども習得している方が多いのもこの資格であり、それぞれのスポーツに合った体作りのための栄養学や調理法を学ぶことが出来ます。アスリートがより高いパフォーマンスを実現するために欠かせない知識が身に着く資格と言えますね。

四位 スポーツフードスペシャリスト

スポーツフードスペシャリストは、競技パフォーマンスをより良くするための食事法を学び、取得後はスペシャリストとしての証明となる資格です。栄養士やスポーツトレーナーなどの職業に就けるだけではなく、自分自身やご家族の健康のために資格を取得する方も多いのが特徴です。

五位 スポーツフードアドバイザー

スポーツフードアドバイザーは、アスリートのための食事に関する専門的な知識を証明する資格です。カリキュラムを終了し試験に合格すれば取得出来る資格なので、初心者の方にはおすすめの資格と言えます。

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る