記事の詳細

日本デザインプランナー協会が主催する鉛筆デッサンマスターと

日本インストラクター技術協会が主催する絵画インストラクターは女性に人気の高い資格です。

Webクリエイターが多くなった近年ですが、基本は鉛筆を使用してのデッサンは欠かせないものです。

デッサンすることでイメージ能力が身に付き、ファッション業界、インテリア関係、建築関係、

幼稚園など多くの企業で必要とされている資格と言えます。

また、鉛筆デッサインマスターと絵画インストラクターの資格は同時に学習でき、

講座を受ける事で2資格取得する事ができます。

 

1位 鉛筆デッサンマスター

理由

鉛筆デッサインと名の通り、鉛筆を使い商品やイメージ画をデッサン、

更に陰影を使い立体的に描く事が出来るのが鉛筆デッサンマスターと言います。

鉛筆デッサンマスターの資格を取得するには、デッサンに関する知識や技術を身に付ける必要が不可欠です。

デザイン専門学校やデッサンの通信講座などを受講してデッサンに関する知識や技術を身に付けることが近道と言えます。

講座ではデッサンの基本から用具の使い方、モチーフの観察など基本的な事からじっくりと学ぶことができます。

完全初心者からの受講や絵画に触れた事のない方でも問題なく学習する事できるのです。

鉛筆デッサンマスターの資格を取得している方の多くは、

ファッション関係やインテリア関係、建築関連、アニメーション、イラストレーターなど絵を描く事を職業の方や目指す方が多いです。

鉛筆デッサン資格の鉛筆デッサンマスター

試験は?

インターネットから申し込み可能です。

在宅受験ができ、試験2ヶ月に1回のペースでいつでも受験可能です。

合格基準は70%以上で合格することができます。

受験資格など特になく、イラストレーターやファッション業界を目指している方も目指しやすい資格です。

 

鉛筆デッサンマスター資格取得後は?

ファッション関係、インテリア関係、建築関連、アニメーション、イラストレーターなど

幅広い場所で活躍、スキルアップが期待できます。

また自宅やカルチャースクールなどで講師としても活動を広められます。

 

2位 絵画インストラクター

理由

日本インストラクター技術協会が主催する資格の一つが絵画インストラクター資格です。

絵画インストラクターはデッサン、スケッチの様々な技法や

各種類の道具の的確な使用方法などの専門的知識、技巧を持つ人が認定された資格のことです。

今よりも上手く描けるようになりたい方、独学で学ぶのではなく、専門的な知識、技能を学びたい方にオススメです。

対象を線で描くデッサンは対象物の特徴を捉えながら描いていくことで集中力が身につき精神的なバランスを取ることができます。

自己表現、無意識のうちにストレス発散や自己分析することができます。

絵画を通し心身ともに充実させてくれる資格です。

受講対象者は絵画指導のスキルを高めたい方や幼稚園、保育園、絵画教室の先生など保育や教育に携わっている方に適しています。

絵画資格の絵画インストラクター

試験は

鉛筆デッサン同様にインターネットから申し込み。

試験は2か月に1回、いつ受講しても資格試験に間に合うことができます。

受講料は10000円程度になります。

在宅受験ですから仕事をしながら資格を取得することができます。

 

絵画インストラクター資格取得後は?

幼稚園、保育園で幼児に指導することができます。

また資格取得後に自宅で絵画教室をする方も増えています。
デッサン  デッサン

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る