記事の詳細

健康への意識の高まりから、多くの方がジムでスポーツをされています。しかし、一人でジムに設置されているマシンを使って体を鍛えるには多くのマシンの中から何をどのように使用することで体のどの部位に効果的なのか、必要としている部位に何を行う事で効果を得られるのか。実は基本的なことが分からないという方も多いのではないでしょうか。ここではトレーニングに関連した資格の中から、日本生活環境支援協会が認定を行っているトレーニングサポーターの認定資格に絞って認定試験などについて少し詳しく話を進めていきたいと思います。

日本生活環境支援協会とは?

各分野での技術やスキルが一定の水準にある事を認定しており、指導者及び技術者として必要な能力を有していると認められた者に対して資格を与える事で、企業者や雇用主が採用を実施する際に役立つ尺度を提供しています。またそれとともに、資格を設ける事によって指導者や技術者の社会的地位を確立することを目的としています。

日本生活環境支援協会ではトレーニングサポーターの資格のほかにもペットトリミングアドバイザーや美容ツボマイスター、ドッグトレーニングアドバイザーなどの資格を認定しており、多くの人の生活を充実させるために求められている各分野の資格を認定しています。

資格を取るには?

トレーニングサポーターの資格を取るには日本生活環境支援協会が実施しているトレーニングサポーター認定試験に合格しなければ資格を取得する事ができません。そこで、試験を受ける手順を少し説明させて頂きます。

日本生活環境支援協会のホームページ内より、トレーニングサポーターのページを開き、専用ページより試験申し込みページへ移動。試験申し込みページ内にあるフォーマットを記入し、受験に必要な情報を協会へ送信します。すると、その後協会より郵送で受験に必要な書類が届きます。書類が届いたら、試験実施機関に解答用紙に全て記入をし、郵送にて返信します。

試験は在宅で受ける事が出来、受験費用は10,000円、合格発表は試験期間より1か月弱程度で発表されます。試験は2か月ごとの年に6回実施されているので、季節や時期によって忙しい人でもすぐに次の受験が実施されるので、資格取得をするには受験しやすい環境が用意されています。在宅受験で資格取得へ挑戦する事が出来るので、忙しい合間にチャレンジする事も十分に可能です。

どんな知識が必要?

トレーニングサポーターとしての基礎知識が必要とされますので、筋力トレーニング、トレーニング道具と使い方、ストレッチ、筋力アップに適している食事などについての知識が要求されます。また、アドバイザーとしてトレーニングを必要としている方へのアドバイスを行えるコミニュケーション力も必要となりますし、自らもすべてのトレーニングを実際に実践で機具を使いこなしたり、筋力アップやストレッチを行っている事で多くのアドバイスなどをしっかり行っていけるようになりますので、紙面だけではなく、実際に自分自身の身体を動かす事も必要となってきます。

資格を取得した後は?

トレーニングサポーターの資格を取得後はトレーニングサポーターとしてジムやフィットネスなどでトレーニングを行っている多くの方のサポートを行う事が出来ます。また、活動によってはアスリートや芸能人などの専属サポーターとしての道も開かれますので、活躍次第では様々な分野でトレーニングサポーターとして活躍する事が出来ます。

トレーニングサポーターは認定資格を取得して実際に活動を行う事で多くの人の健康に貢献できるだけではなく、自分自身もアドバイスを必要としている人に対してサポートを行うために実際に体を使って実践を行う事でアドバイスに重みが増しますので、自分の身体も健康的になれます。単にトレーニングに興味があったり、体力をつけたいと考えている方も、自分自身の身体と健康を考え、最短で最適な体作りを行う事が出来ますので、資格取得に挑戦されてみては如何でしょうか。
筋トレ資格  筋トレ資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る