記事の詳細

皆さんは、ニードルフェルトはご存知ですか?フェルトは羊毛を加工した生地ですが、ニードルフェルトは先の曲がった針を使って、羊毛そのものをいろいろな形に仕上げていく手芸です。そのニードルフェルトの基礎的な知識が身についていることを証明するのが、日本デザインプランナー協会が認定するニードルフェルトデザインマスターという資格です。ここでは、ニードルフェルトデザインマスターについての口コミや評判をお伝えしていきたいと思います。

 

ニードルフェルトの基礎知識を持つことができる

ニードルフェルトデザインマスターの資格は、ニードルフェルトの基礎的な知識、例えばニードルボールの作り方やニードルが折れないようにするテクニック、目などの金具のつけ方等を持つことができます。ニードルフェルトは簡単そうに見えて、意外とコツがいる手芸なんですね。初心者が最初からちゃんと仕上げるのは、意外と難しいものなのです。失敗作をSNSなどで上げるのも楽しくていいですが、やっぱり上手に作りたいですよね。口コミでは、「今まで何本ニードルを折ったことか…。もっと早く習っておけばよかった」といった声や、「ちゃんとしたものがやっと作れるようになりました!」といった声も。習ってみて良かったですね!

 

羊毛フェルトのスキルを活かして、講師などもできる

羊毛フェルトは元手がさほどかからないですので、講師として始めるにはハードルは低めだと言われます。実際、友人や知人に教えたり、カルチャースクールで講師として教えているという方の口コミも見かけました。また、フリーマーケットで自分の作品を販売してみたり、ブログで作品やスキルの販売をする方も多いようですね。羊毛フェルトは女性からの需要がとても高いですので、やりがいのある仕事を見つけることができているんですね。「自分で自信のある作品を出品したら買ってもらえて、すごく嬉しかった」「ブログに作品をアップするとコメントでほめてもらえて、楽しい」といった声も聞かれました。なにか一つ価値あるスキルを身につけることは、生活の彩りとなってくれるようですね。

 

羊毛の性質や染めにこだわる方も

羊毛フェルトデザインマスターになって作品を作り続けていると、羊毛の性質などにも関心が出てくるようです。フェルトボールを作るときのお湯の温度やPH、染めに使う材料などなど…ここまでいくともう、職人と呼んでもいいレベルです。また、資格を取ることで失敗したときの治し方や、作るときのさまざまなコツもしっかり身につくのでかかる時間も短くできています。ですので、大きな作品にもチャレンジすることができるようになるんですね。コサージュやトートバッグを作っている方もおられるようで、本当に素晴らしいです。口コミでもどんどん羊毛フェルトにはまっている方がたくさん見られました。

 

羊毛フェルトデザインマスターの口コミ・評判のまとめ

羊毛フェルトデザインマスターの口コミや評判についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。とても楽しく作品を作れるようになった方が多いようですね。また、好きなことを仕事にできている方も少なくないように思います。もしよかったら今回の結果を参考にして、あなたも羊毛フェルトの世界をのぞいてみてくださいね。
ニードルフェルト羊毛  ニードルフェルト羊毛

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る