記事の詳細

毎日の掃除だって立派な資格になることを御存知ですか?

部屋の汚れは心の汚れと言います。

部屋が汚れていては、楽しく素敵な環境は生まれません。

趣味である掃除をプロとして活躍することができます。

掃除は人生において、絶対になくならない大切な物です。

特に近年はハウスクリーニング事業者が増えて重要が高まる資格です。

是非、プロとして資格を生かしてみましょう。

 

1位 ハウスクリーニングアドバイザー

理由

ハウスクリーニングアドバイザーとは、日本生活環境支援協会(JLESA)主催の認定資格です。

プロとしての知識と視点、アドバイスが出来る人に与えられます。

掃除道具の使い方、対応に応じた清掃方法など専門的な知識を身に付ける必要があります。

ハウスクリーニング資格のハウスクリーニングアドバイザー

試験は?

受験回数は年に6回、2ヶ月に1回のペースで受講しやすいです。

インターネットから申し込み、在宅受験になります。

受験料は10000円(税込)

受験資格も特にありませんので初心者の方でもチャレンジしやすいです。

 

資格取得後は?

ハウスクリーニングアドバイザー資格はアドバイスすることができます。

その為、将来独立起業の可能性やカルチャー教室などできます。

清掃関係の勤務中であれば、スキルアップを望め、仕事に生かすことができます。

 

2位 クリーニングインストラクター

理由

クリーニングインストラクターは日本インストラクター技術協会が認定している資格です。

インスラクターとして実務に関する技術を取得し、

更に専門的な水垢、フローリング、カビ、掃除の仕方など様々な知識が必要です。

クリーニング資格のクリーニングインストラクター

試験は?

こちらはハウスクリーニングアドバイザーと同じく試験は2ヶ月に1回、

インターネットから申し込み、在宅受験になります。

受験資格も特にありません。

受験料は10000円(税込)です。

合格基準は全体の70%以上とチャレンジしやすいですね。

 

資格取得後は?

クリーニングインストラクターとして講師活動ができます。

クリーニングのプロとして教室や開業にも役立ちます。

 

3位 ハウスクリーニング士

理由

国家資格である技能検定制度の一種であり、

社団法人全国ハウスクリーニング協会が認定する資格がハウスクリーニング士です。

実技試験の内容は細かく、レンジフード洗浄、ダイニグチェアクリーニング、ステンレスの油汚れ落とし、

五徳の汚れ落とし、ビニールクロスの汚れ落とし、磁器タイルの汚れ落とし、

フローリング床の汚れ落とし、全てを実技作を試験中に行う。

プロとして活躍して開業したい、ハウスクリーニングを極めたい方におすすめの資格です。

 

4位 掃除検定

理由

掃除検定とは、日本掃除能力検定のことを言います。

簡単に言えば掃除能力を知識だけじゃなく、実技試験を通して検定します。

洗剤、用具、機械の知識、作業動作の知識、作法の知識の3の部門に分かれている。

受験資格は特になく、幅広い年代の方が受験する人気の資格です。

試験取得後は、合格者のみに認定証を発給されます。

現在の清掃関係に勤務中の方はスキルアップが望めますし、

就職や転職などの際に大きな武器になります。

 

5位 ハウスクリーニング技能士

理由

ハウスクリーニング技能士は、こちらも国家資格である技能検定制度の一種である

社団法人全国ハウスクリーニング協会が実施する

ハウスクリーニングに関する学科及び実技試験に合格した者に認定される資格です。

試験は学科試験と実技試験が実施されます。

学科試験は全50問、実技試験は7つの課題が実施され、

学科試験は全問中、60%以上得点することが合格ラインです。
ハウスクリーニング掃除  ハウスクリーニング掃除

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る