記事の詳細

多くの人が気になる手相。自分自身で自分の手相が分かったり、誰かの手相を見る事が出来ればいいなと思ったこと、ありませんか?この記事では手相に関連した資格について触れたいと思います。

資格を取ろう!

手相でしょ?と軽く考える方もいらっしゃるかもしれませんが、誰かの手相を見ると言ってもそれなりにスキルやアドバイスのや助言の根拠についてしっかりとした知識を持っていなければ単なる占いにすぎません。手相占い師を目指しているのであればなおさらしっかりとしたスキルを求められます。そこで注目したい手相に関連した資格が“パームリーディングアドバイザー”です。パームリーディング=手相鑑定・占いの事。日本アロマメディカル心理セラピー協会という団体が認定試験を行っています。

パームリーディングアドバイザー認定試験は手相に関しての基本的な知識はもちろん、手相の起源や歴史などについての知識を身に付けているほか、環状線や生命線など掌の線を見て占う前に見極める目を養い、それぞれを十分に理解している事が認められると資格を取る事が出来ます。

手相占い師になるには

手相を占う事が出来る占い師になるために特別必要な資格を取らなければ出来ないという事はありません。ですので、言ってしまえばだれでも占い師だと名乗って活動する事は出来ます。ただし、占ってほしい人も有る程度信頼できる占い師を探しますし、占い師として雇用してくれるところも経験が浅いうちはスキルも無いため、知識を持っている方を優先雇用するでしょう。

手相占い師になるためには

1 専門学校に通って知識とスキルを得る
2 手相占い師の元で見習いや手伝いとしてアルバイトをし、実務で少しずつ知識を増やして経験を積んでいく
3 ③通信講座学習で必要な知識を学んでから占い師として活躍する方法の3パターンに大別されます。①の専門学校の場合は拘束時間に加え大きな出費が伴いますので、外出が難しい方や費用で難しい方も多いのではないでしょうか。次に②の手相占い師の元で見習いやアルバイトとして働き、そこから知識を得る場合、先ずはアルバイトが優先ですので学びたい事をその場ですぐに学べるとは限りませんし、時にはとても長い間仕事優先の為、知識を得る事が出来ない環境に置かれる事もあるため、自分が手相占い師としてデビューするにはとても長い道のりとなってしまいます。③の通信講座は受講する事によって自分のペースで勉強を進めながら必要な知識を得る事が出来るのでおすすめです。

資格をとるには

協会のインターネットサイトから受験申し込みをし、在宅試験でおこないます。受験から合否までは1か月程度となっています。どこからでも申し込みが出来、在宅受験ですので受験費用10000円で受験に関しての一切を外出を必要とすることなく出来ます。

パームリーディングアドバイザー認定試験を実施している日本アロマメディカル心理セラピー協会は数秘術やアロマ、メンタル、スピリチュアル関連の他の認定資格を実施しており、全資格がパームリーディングアドバイザー認定資格同様に在宅受験となっています。日頃から忙しく時間的に外出が難しい人でも自宅でなら試験に挑戦できる方、多いのではないでしょうか。

資格を取る事で出来ること

パームリーディングアドバイザーの資格を取ると、アドバイザーとして活動する事が出来ますので様々な場所で手相占いが出来ます。占い師として自分のお店を持つ事も出来るので、自分次第で大きく道を開くことが出来ます。独立・開業を目標に資格取得を目指す事で、受験対策にもやる気が出てくるのではないでしょうか。
手相占い師といってもやはり求められるのは手相占いに必要な知識をしっかり持っていること。そして手相を見てどんな相が出ているのか、そこからどのようなアドバイスや助言を行うのか。最終的にはやはり知識+経験=信頼へとなりますので、手相占い師を目指しているのであればパームリーディングアドバイザーの認定資格をチェックしてみてください。
手相  手相

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る