記事の詳細

JDP(日本デザインプランナー協会)が主催する資格です。
ビーズアクセサリーとは、アクリルビーズやアンティークビーズなど多様な種類のビーズを用いたペンダントやリングなどのアクセサリーのことをいいます。
小さなビーズが自分の手でおしゃれで可愛いアクセサリーへと変身していく姿は達成感を覚えると同時に、専門的技術が身についたことを実感することができ、つい没頭してしまう魅力があります。
そんなビーズアクセサリーのデザインを考え、実際にアクセサリーを作る人のことをビーズアクセサリーデザイナーと呼びます。
そんなビーズアクセサリーデザイナーは自宅でデザイン作成を行いインターネットやショップで販売したり、カルチャースクールなどで講師として活動するなど、専門的な知識をビジネスに活かして行動できる可能性が広いお仕事といえます。
ビーズアクセサリーデザイナー資格を取得すると、ビーズや石についての基本的な知識、ビーズを使ったアクセサリーの製作技術や製造知識を有していると証明されるので専門店などで働きたいと思っている方には有利に働きますし、自分に自信を持つことができます。
周りからの信頼も厚い肩書きになるので、ビーズ関係やアクセサリー関係の仕事をしていく上で強い味方になってくれます。

購入者は素人のものよりプロが作ったものを買いたと思った(30代・女性)

今までは少しずつハンドメイド専門アプリなどで副業としてちょこちょこ自分の作品を売っていました。
しかし、何か仕事をしながらだとアクセサリーを作る時間にも限りがあるので、腹をくくってビーズアクセサリーを作る仕事一本に絞ろうと思ったんです。
そうなれば、ネットでの販売というところにも力を注がなければいけないので、もっとお客様から注目されるには何が必要だろう?と思った時に、必要なものの一つのうちに「ブランディング」というものを感じました。
お客様から見た時に、同じデザインであっても「誰が作ったのか?」を見た時に、名も知らない素人が作ったものなのか「ビーズアクセサリーデザイナー」が作ったものなのかを比べたら、やっぱりプロで肩書きがある人の方がいいだろ、って思ったんです。
その点ビーズアクセサリーデザイナーの資格は1万円程度でとれますし、2ヶ月程度で取れることがわかったので、早速とりました。
その甲斐があってかやはり注文量も増え、お客様からの信頼を感じているところです。
自分の作品をアプリなどで販売していきたいと思っている人にはおすすめの資格じゃないかなと思います。

誰かに認めてもらいたかった(20代・女性)

ビーズアクセサリーを上手に作る友達がいて、それを見て私も作れるようになりたいなと思ったのがキッカケでビーズアクセサリー作りをするようになりました。
もちろん最初から資格の勉強をしていたわけではありません。普通に自分で趣味として作っていたのですが、ある程度作れるようになった時に、自分の実力を試したいと思ったんです。
趣味だけだと誰かから評価されるわけでもないですし実感がわかなかったので、そこで資格の取得というのに目をつけました。
販売するという方法も実力を試す一つの手段かもしれませんが、売れなかった時のことを考えたらちょっと勇気がもてなかったので、まずは資格を取ってみようと思ったんです。
資格をとり「ビーズアクセサリーデザイナー」の資格がもらえた時はとても嬉しかったです。
認めてもらえたというか、自分の頑張ってきたことが形になったな、と思いました。
この資格を取る人は仕事に使う人が多いのかもしれません。でも、私のように趣味のモチベーションをあげていくという場合にもとてもいいですよ。
ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る