記事の詳細

花のある生活は素敵ですよね。

嗅覚、視覚と花は様々な感情を与えてくれます。

憧れの職業でもあるフラワーアレンジメントやフラワー装飾技能士は

女性に圧倒的に人気の資格と言えます。

資格取得後は自宅でカルチャー教室も可能で幅広い分野で活躍できます。

 

1位 フラワーアレンジメントデザイナー

理由

日本デザインプランナー協会が主催しているフラワーアレンジメントとは、

充分な知識、日常のインテリア、服飾、シーンに応用できるアレンジメントを取得した人に認定される資格です。

フラワー資格のフラワーアレンジメント

試験は?

受験資格は特になし。

インターネットから申し込み、在宅受験。

受講料は10000円(税込)、

合格基準は70%以上と比較的はじめてでもチャレンジしやすいです。

 

資格取得後は?

各種飾花業界、インテリア、服飾関係と幅広い活動とスキルアップが望めます。

また、カルチャースクール、自宅で知識を教えることもできます。

 

2位 飾花インストラクター

理由

飾花インストラクターとは、

日本インストラクター技術協会が主催になります。

花器や花に対しての知識をはじめ、フォーカルポイント、

ガーランドなどフラワーアレンジメントの技巧を習得した人、アレンジテクニックが必要となり資格です。

フラワー資格の飾花インストラクター

試験は?

こちらもフラワーアレンジメントデザイナーと同じく初心者でも取りやすい資格です。

受験資格は特になし、インターネットから申し込み、在宅受験。

合格基準は70%以上となっています。

資格試験は2か月に1回ですから、いつでも受講できます。

 

資格取得後は?

こちらも各種飾花業界、インテリア、服飾関係で活躍でき、スキルアップができます。

趣味のフラワーアレンジメントから、

本格的に飾花インストラクター資格取得して副業で自宅教室やワークショップをする方も多いです。

 

3位 フラワー装飾技能士

理由

フラワー装飾技能士とは、

国家資格である技能検定制度の一種となります。

都道府県職業能力開発協会が実施するフラワー装飾に関する学科、

実技試験に合格して資格が与えられます。

 

試験は1級、2級、3級と段階別になっています。

受験資格は、3級に関しては実務経験があれば制限なく試験を受けることができますが、

ストレートに受験する場合、2級は実務経験2年以上または3級合格者となる。

1級の場合はストレートに受験する場合は実務経験7年以上、

あるいは3級合格者であれば実務経験4年以上、2級合格者であれば実務経験2年以上。

民間の資格と違い、実務経験が必要となってきます。

 

4位 NFDフラワーデザイナー

理由

NFDフラワーデザイナーとは、

公益社団法人日本フラワーデザイナー協会が認定している資格です。

 

試験は3級、2級、1級と段階があります。

3級は技術と基礎知識も習得した者に与えられます。

2級は基礎知識、更に充分な技術を身に付けることが必要です。

1級は基礎知識、技術はもちろん、自分自身で考える発想力が問われます。

 

5位 プリザーブドフラワーアドバイザー

理由

プリザーブドフラワーアドバイザーとは、プリザーブドフラワーの知識、歴史、技術を専門家として

一般の方々へ指導できる能力を認定する資格です。

試験は2月、6月、10月の年3回

インターネット検定となり、全国から試験が可能です。
フラワーアレンジメント  フラワーアレンジメント

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る