記事の詳細

日本ではペットを飼っている人の数が近年増加しています。しかし、実際にペットを飼育し始めたあとで、ペットの犬しつけや、愛猫に満足いくだけの環境を用意してあげられていないのではないかと悩む方もいるのではないでしょうか。愛するペットである犬や猫のために適切な知識と考えを持ちたいと思っており、ブリーダーを目指したいと思っている人もますます増えている傾向があります。今回は、ブリーダーになりたいと考えている方、愛する犬やネコのために知識を習得したいと考えている方にオススメの資格をランキング順で紹介します。

1位 ペット繁殖インストラクター

ペット繁殖のインストラクターとして、あなたは犬や猫のタイプ別での飼育方法について知識を持っていることが証明されます。例えば、アウトソーシング、人工受精などの交配する方法、オスメスの飼育割合、犬の妊娠サイクル、膝蓋骨脱臼やラインブリーディング、ダックス繁殖の注意点、チワワの繁殖、ズボンのメモ、チワワ繁殖の注意点、フレンチブルドッグ繁殖の注意点、トイプードル繁殖の注意点、日本犬繁殖の注意点、ヨークシャーテリア繁殖の注意点、大型犬の飼育の注意点、稀少色の繁殖とリスク、稀少色の繁殖とリスク、猫ブリーダー業準備、完全室内飼いのような適した猫のケア、猫の食事管理、劣性遺伝育種の注意点などの離乳から出荷まで知識があることが証明されています。

資格取得後は、ペット繁殖インストラクターとして活躍し、自宅やカルチャースクールで講師活動を行うことができます。

【主催団体】日本インストラクター協会(JIA)

【試験名】ペット繁殖インストラクター認定試験

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円

【受験会場】在宅受験

【試験期間】隔月20日~25日ごろ

2位 犬・猫ペットブリーダー

犬や猫のペットブリーダーとして、家庭の犬や猫の繁殖と改善に関する基礎知識/ブリーダーとしてのビジネス知識があることが認定されています。例えば、ブリーダーを開けるために必要な設計や設備、開設準備、ブリーダーの経費と収入、開業費の見積もり、交配ビジネス、ペットショップとの取引、オークションの仕組み、ブリーダーとしてのビジネススキルを取得して責任者としてのブリーダーのビジネスとしての知識を有していることを証明します。資格を取得した後、犬や猫のブリーダーとして活動することができ、自宅やカルチャースクールで講師の活動を行うことができます。

【主催団体】日本生活環境支援協会(JLESA)

【試験名】犬・猫ペットブリーダー

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円

【受験会場】在宅受験

【試験期間】隔月20日~25日ごろ

3位 ブリーディング技能師

ブリーディング技能師は、犬などの繁殖動物を飼育するための知識を持ったブリーダーの知識とスキルの資格です。ブリーディング技能師の仕事は血統書犬がもつ特有の遺伝病の理解など繁殖や繁殖に適した環境を整えるために役立てることができます。非常にデリケートな技術や繁殖動物の知識を必要とするブリーディング技能師には、動物看護や繁殖飼育学などの非常に専門的な知識が必要です。資格取得のためには、財団法人職業技能振興会のブリーディング技能師認定試験に合格することで取得することができます。

【主催団体】財団法人職業技能振興会

【試験名】ブリーディング技能師

【受験資格】特になし

【受験料】15,000円

【受験会場】在宅受験

【試験期間】4月・8月・12月

4位 ペット繁殖指導員

ペット繁殖指導員は有望な資格のひとつでもあります。トップブリーダーとしての自分自身を目指すだけでなく、生態を扱う施設でリーダーシップを発揮することができるでしょう。環境問題や動物の福祉に配慮が必要な動物共生の社会においては、ペット繁殖指導員の役割は今後も求められる資格といえます。

【主催団体】日本ペット技能検定協会

【受験資格】協会のカリキュラム受講者に限る

【受験料】12,000円
ブリーダー資格  ブリーダー資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る