記事の詳細

大切なペットのトリミングをお願いするトリマーには飼い主として信頼できる人にお願いしたいと皆さん思うのではないでしょうか。トリマーに関連する資格の中で注目したい一つ、ペットトリミングアドバイザー認定試験をみてみましょう。

トリミングとトリマーって何?

トリミングとはハサミなどでペットの被毛をカットする事を言います。目的としては犬種に合ったスタイルにしたり、季節に合わせてさっぱりさせるなどの目的で行います。一方のトリマーとは、カットをする人の事を言います。もっと分かりやすく言えば、ペットのカットがトリミング、ペットの美容師さんがトリマーといったところでしょうか。ちなみに、多くがカットと同時に爪切り、耳掃除、肛門絞りを行いますが、カット以のお手入れを総称してグルーミングと言います。

トリマーに向いている人とは

ペットは人間の様には話をする事は出来ませんので、機嫌が悪くても、痛いところがあってもそれを伝える術は吠えたり鳴くことでしか人間に伝える事は出来ません。ペット専門美容室などで働いている場合、1日中ペットの相手をする事になりますので動物好きでなければなかなか勤まりません。また、ペットの様子や表情を見たり、トリミングをしている時にちょっとした変化を見分けられる細やかな気配りと目配りをペットの飼い主から求められます。ペットとのコミニュケーションだけではなく、飼い主とのコミュニケーションも飼い主は求めていますので、これらを併せ持っている方がトリマーに向いているでしょう。

また、いくらペット好きな人でも向いていない方もいらっしゃいます。動物に対するアレルギーを持っている人は毛やフケなどがトリミング時にどうしても触れてしまいますので、アレルギー症状や程度によっては仕事に不向きと言わざる得ない方もいらっしゃるでしょう。

トリマーになるには

トリマーになるためには国家試験などを受ける必要はなく、極端な例えですが無資格でも出来てしまいます。ただし、実際にトリミングを行う際にはシャンプー・カット・ブラッシング・爪切り・肛門絞りなど、どれも知識を必要とするものばかりです。

また、いきなり経験や知識の無い人をトリマーとして雇用してくれるところはまずないと思っていいでしょう。それだけに、いくら資格や経験が無くてもトリマーになる事が出来ても働けないだけに、目指しているのならやはり資格や知識、経験を積んだ方がいいでしょう。

トリマーへの道のり

・専門学校に通う
トリマー養成校があり、プロトリマーとして必要な知識と技術を1年~2年ほどかけて学んでいきます。
・通信講座で必要な知識を学ぶ
養成校に通う事が難しい方に向いています。通信講座のメリットは自分のペースで学習を行って行ける事です。
・直接ペットショップで働く
いきなりトリマーとして働くことはできない事が多いと思いますが。ペットショップのアルバイトなどで働き、ペットに関する知識を仕事を通して学んでいき、トリマーの見習いとして徐々に知識やスキルを得ていく方法です。

資格を取るなら

日本生活環境支援協会によって認定が行われているペットトリミングアドバイザー認定試験がおすすめです。この日本生活環境支援協会ではこのほかにも趣味から実用までの幅広いジャンルの資格を認定している団体で、現場で必要な知識や技術を持ち、有効活用できる人材育成をしています。

ペットトリミングアドバイザー認定試験は家庭犬や猫など、ペットトリマーとしての必要な基礎知識を有している事を認定しています。猫や成犬と仔犬、犬種によって違うカットスキル、トリミングに必要な道具の取り扱いと基礎知識などを必要としています。

ペットトリミングアドバイザーの資格取得方法

協会ホームページから申し込みを行ない、在宅受験で試験を受ける事になります。もうしこみ⇒受験⇒結果の一連の流れを試験会場などに出かけて都度行う必要が無いため、忙しく時間を作る事が出来ない人でも比較的気軽に試験に挑戦できます。試験は2か月に1度実施されていて、1か月ほどで合否も判明するので職業柄時期的に忙しい期間がある方でもチャレンジする事が出来ます。受験費用も安く、在宅学習、在宅試験で資格を得られますので、興味のある方はペットリミングアドバイザー認定試験をチェックしてみてください。
トリマー資格  トリマー資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る