記事の詳細

ペット繁殖インストラクターの概要や口コミや評判をまとめます。
犬や猫は日本のペット産業の発達により非常に多くの品種がありますが、品種への多様化が進むと繁殖の方法も同じように複雑化しているのですが、繁殖無くしてはペット産業が育たないのでペット繁殖インストラクターの存在は、ペット産業を支えている役割の一つといえるでしょう。
そんなペット繁殖インストラクターをご紹介します。

ペット繁殖インストラクターとは?

世界中で犬の品種は300種類以上あり、猫の品種は100種類以上あると言われておりますが、すべての品種を把握する事は難しいので、良く日本で飼われているような品種の繁殖方法に関する知識を有している事を証明される資格が、ペット繁殖インストラクターです。
ペットの繁殖方法に関する知識はとても広く、妊娠周期・交配の方法・繁殖の注意点・健康管理などの非常に多岐に渡る知識が必要で、例えば交配の方法では妊娠周期のタイミングを見計らい、ペットショップやブリーダーさんにペットを預けて交配を外部委託する方法もあれば、ブリーダーさんは繁殖させる事が仕事の一つでもあるので、人気のある犬種の遺伝子を人工授精し、売れやすいであろう人気のミックス犬を繁殖させたりする方法があります。
それらの方法は、まずペットの健康管理が行き届いていることが前提なので、ペットの健康管理の知識も豊富で、品種ごとの繁殖方法に関する注意点の知識もペット繁殖インストラクターは理解しています。
このように、特にブリーダーさんにとっては、ペットの繁殖方法の知識に特化したペット繁殖インストラクターの存在は大きいです。

犬・猫の繁殖方法の違い

ペット関係の数多くある資格の中で「ペットの繁殖に関するプロ」になります。
犬も猫も一度の発情期にたくさんの子供を生むことができるので、大量に繁殖させやすい特徴があります。
・犬
犬は年間に発情期が2回あると言われますが、かなり大雑把なデータで、もちろん健康状態と個体差で変わりますが、メス犬は基本的に年間いつでも出産が可能です。
犬にはたくさんの犬種があり、違う犬種同士で交配をした際に生まれる子犬はミックス犬と呼ばれますが、純血同士での交配の注意点・混血同士での交配の注意点がそれぞれ違いますし、犬種によってまた注意点が違うのでとても奥が深いです。
・猫
猫を育てている環境や、健康状態により個体差はありますが、メス猫は生後約6ヶ月前後ぐらい繁殖ができるようになり、発情期はこちらも個体差がありますが、年間約3回ほどありますので繁殖の機会はとても多いです。
そのメス猫の発情期に発するフェロモンにつられ、オス猫が交尾行動に移ります。
一度の出産で5匹以上の子猫が生まれる事もあるようですね。

ペット繁殖インストラクターの口コミ、評判

資格取得後は、ペット繁殖インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
資格取得をしている方は、講師活動をされている方もいらっしゃいますが、圧倒的に犬や猫のブリーダーさんが多いです。
その理由には、ご自身が育てている品種の知識や、正しい繁殖の知識などを学習する事ができる為です。
さらに、繁殖に特化した専門的な知識を有している資格である事から、ブリーダーさんや一般の飼い主の方に、ペット繁殖インストラクターは頼りにされます。
もちろんブリーダーさんだけでは無く、ペットショップで働いている方、これから働きたいと思っている方にも、ご自身の知識レベルの向上ができる側面からオススメの資格の一つです。

ペット繁殖インストラクターになるには?

ペット繁殖インストラクターを取得するには
日本インストラクター協会(JIA)が認定している試験に合格する必要があります。
合格には70%以上の評価が必要となりますので通信教育や本屋さんで専門書を購入し試験に臨むのが良いでしょう。
試験の申込みはインターネットからの申込みとなり、費用は一回の受講で10.000円(税込み)となっております。
ブリーダー資格  ブリーダー資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る