記事の詳細

字が綺麗だとその人の印象がぐっと良くなりますよね。また、綺麗な日本語が使える人も知性を感じ好感が持てます。
インターネットが普及して、実際にペンを使って手紙を書く機会は減りましたが、その分、人から手書きの手紙をもらったときの喜びや感動は大きくなっているように思います。
また、最近は日本語が正しく使えない人が増えているとも言われますが、正しく日本語を使い、美しい文字で手紙が書ければ、人としての魅力が増します。
女性の品格を上げる要素になるので、就職活動中の方、仕事で円滑なコミュニケーションを取りたい方、婚活中の方、お受験を控えている母親には特におすすめしたい資格です。
また、手を動かすことは脳への良い刺激になるので、痴呆症の予防に始める人もいるようです。
何か始めたいけど、不器用だから裁縫などはできないし、絵も苦手だし・・・という方にもおすすめです。
自宅やカルチャースクールなどで、硬筆やレターライティングの講師として活動することも可能です。

第1位 レターライティングマスター

●どんな資格?
日本デザインプランナー協会主催の民間資格です。
日本語の美しい言葉や言葉遣い、季語、敬語など意味を理解し、それらを活用しながら人に喜ばれる手紙を書くことができる人に与えられる資格です。
資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができるほか、実生活に役立てることができます。
手紙を書くことの代行作業などもできるかもしれませんね。

受験費用:1万円

●オススメの理由
なかなか正しい手紙の書き方や、季語などを知る機会、学ぶ機会はないので、実生活に役立つことが多いのが魅力です。
試験の頻度も多く、自宅で受験ができるので、忙しい方でもチャレンジしやすい資格です。
文章能力が上がるので、文字を書く機会が少ない人でも活かせる資格です。

第2位 手紙・文章ライター

●どんな資格?
日本インストラクター協会主催の民間資格です。
紙を書く際に必要な敬語、季語、文末のあいさつなどの知識を理解し、レベルの高い文章が書ける人に与えられる資格です。
正しい敬語を使い、季語を織り交ぜながら、親しみの伝わる文章がかけるようになります。
受験費用:1万円
●オススメの理由
こちらも1位のレターライティングマスター同様、実生活で役立つこと、在宅受験が可能な点が魅力の資格です。

第3位 硬筆書写検定(ペン字検定)

●どんな資格?
日本書写技能検定協会主催の検定資格です。
レベル別に5級、4級、3級、2級、準1級、1級の6種類があります。
正しい書き順で美しい字を書き、美しい手紙を書けるようになるためのレベルをはかる試験内容になっています。
実技問題と理論問題があり、実技問題では縦書きの文章、横書きの文章、ハガキの宛名などを書く問題が出題されます。
論理問題では、部首の名前や筆順の正誤、誤字の修正などが出題されます。
5級や4級は90%以上の合格率がありますが、1級になると合格率は8.9%しかなくハードルの高いものとなっています。
試験は主要都市で年に2度行われます。
受験費用:5級1,100円、4級1,400円、3級2,100円、2級3,100円、準1級4,500円、1級5,500円
手紙の書き方  手紙の書き方

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る