記事の詳細

マクロビオティックマイスターの口コミと評判をまとめます。
マクロビオティックの運動の始まりは日本発祥で1928年ごろと言われています。
病気の症状に対処する為に、健康に良いメニューを作る食事療法ではなく、人間が本来持っている免疫力や自然の力を利用して健康を促進する考え方が強くあります。
それは今も変わらずマクロビオティックの根本的な考え方として引き継がれています。

マクロビオティックマイスターとは

マクロビオティックマイスターとはマクロビオティックの歴史や背景を理解し、マクロビオティックの特徴や基礎知識を有し、マクロビオティックで使用する食材や食品を熟知している事が認定される資格です。
また、マクロビオティックを実践した調理方法の知識を身に付け、その効果効能、メリットを理解する事ができ、マクロビオティックを生活に取り入れることにより
・社会的メリット
農薬などの薬剤を使用しない有機食材を利用する事で、自然や大地を守ることに繋がる。
・身体的メリット
健康に良い習慣、食生活を取り入れる事で、免疫力の向上や体質改善やダイエットなどの様々な効果がある。
・精神的メリット
食生活を見直す事で、ストレスの改善や脳の活性化などの効果がある。
などの様々な側面からマクロビオティックにはメリットがあると言われており、食生活だけにとどまらず、生活が向上するとゆう考え方を持っています、マクロビオティックマイスターそれらを熟知し、指導できます。

マクロビオティックの理念

マクロビオティックの考え方には
「一物全体」いちぶつぜんたい
「身土不二」しんどふじ
「陰陽調和」おんみょうちょうわ
の三大理念があり
「一物全体」は一つの食材は丸ごと食べる事を言うのですが、野菜を食べる時に茎や皮は切って食べない事が多いと思いますが、茎や皮には普段私たちが食べている部分には無いミネラルやビタミンが入っています。例えばトウモロコシの表面は食べると思いますが茎の部分まで食べている方は少ないと思います。調理の仕方を分かっていれば実は美味しく、かつ健康に食べれる部分なんですね。
「身土不二」は体と環境は密接な関係にあって、土や空気や湿度や温度は直接体に影響があるだけではなく、その環境に合った食材を育て正しい適切な食材の取り入れ方や、調理の方法を持たなくてはいけないとゆう考え方です。
「陰陽調和」は平たく言うとバランスの良い食事を摂りましょうとゆう考え方です。
バランスが良いと言うのは、例えば冷たいと熱い、ネバネバしているとサラサラしている、ナトリウムが多いとカリウムが多いなどの相反するものはそれぞれ一長一短あるので偏った食生活ではなくバランスを考え、調和をとりましょうとゆう意味です。
少々哲学的ではありますが体にとってはとても理にかなった考え方ですね。

マクロビオティックマイスターの口コミ、評判

資格取得後は、マクロビオティックマイスターとして、自宅やカルチャースクールなどで活動することができます。
近年、健康ブームでマクロビの料理店やマクロビ料理教室などございますが、オーガニックな食材を使ったからといってマクロビオティックを実践しているとは一概には言えません、マクロビオティックの歴史や背景、目的を理解し実践に繋げるからこそ生活の一部となりますので特に飲食店や健康業界や美容業界で活躍したいとお考えの方や健康に興味のある方はマクロビオティックマイスターの資格を取ることをオススメします。
料理雑誌を見るとマクロビ料理の事が記載されていたりしますが、資格取得を学習をする事で改めてマクロビオティックの考え方や正しい調理方法や注意点に触れる事ができます。

マクロビオティックマイスターになるには

マクロビオティックマイスターを取得するには
日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定している試験に合格する必要があります。
合格には70%以上の評価が必要となりますので通信教育や本屋さんで専門書を購入し試験に臨むのが良いでしょう。
試験の申込みはインターネットからの申込みとなり、費用は一回の受講で10.000円(税込み)となっております。
マクロビオティック資格  マクロビオティック資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る