記事の詳細

ストレス社会と言われる現代においては、健康とリラクゼーションの分野が特に注目を集めています。なかでも、激しい動きはあまりなくゆったりとした動きで行われる『ヨガ』は、男性・女性、年齢層を問われることなく誰でも出来ることから特に人気になっています。ヨガとは心と身体、魂がつながっている状態を表現し、呼吸や姿勢、瞑想を組み合わせて行うことで、身体だけでなく心の緊張を解き、安定と平穏な気持ちを得ることに役立てることができます。その効果は心身だけでなく、日常生活のなかでの食事や生活習慣などの全ての事柄に関連しています。ヨガをすることで、自分自身で異常な状態をコントロールすることができ、心身を正常な状態に維持することができるでしょう。今回はそのようなヨガに関する資格をランキング形式で紹介します。

1位 美ヨガライフセラピスト

さまざまな種類があるヨガにおいて、パワーヨガ、ホットヨガ、アシュタンガヨガ、インテグラルヨガなどのあらゆるヨガに精通し、チャクラや瞑想法を身に着けていることを証明します。ヨガは身につけることで身体の状態だけでなく心地よく気持ちの静かな状態でリラックスした気持ちになり、脳波をアルファ波に変えることができるなど快適な状態にすることができます。ヨガの基礎であるヨガストラとアシュタンガについて知ることができ、自己を知り哲学的な観点からも思考を深めることができます。セラピストとして働くことができる資格としても人気があり、ヨガの効果を向上させ、自分の心と身体により意識を持たせることにで美しさを追求することができる資格です。

【主催団体】日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)

【試験名】美ヨガライフセラピスト認定試験

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円

【受験会場】在宅受験

【試験期間】隔月20日~25日ごろ

2位 美ヨガライフインストラクター

ヨガの語源や代表的なスタイル、ヨガの歴史、ヨガの効果、ヨガの呼吸法、ヨガを取り入れた食事方法、朝と夜のヨガの違いなど、ヨガの基礎知識からヨガを練習するときの注意点などのヨガの実用的な知識を持っていることを証明します。例えば、ヨガポーズに30以上のヨガポーズをマスターしています。ポーズによるヨガの効果を理解できます。あなたは、硬い肩の硬直性の改善や骨盤の歪みの解除など、あなたの問題に適したポーズを教えて助言することができます。 資格取得後、あなたは講師として行動できます。 ヨガに興味のある人、ヨガ教室を開こうとしている人のための一般的な資格です。

【主催団体】日本インストラクター協会(JIA)

【試験名】美ヨガライフインストラクター認定試験

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円

【受験会場】在宅受験

【試験期間】隔月20日~25日ごろ

3位 全米ヨガアライアンス

世界で最もよく知られている2つの異なるヨガ協会がグループ合併する形で1990年代に米国で創設されましたのが全米ヨガアライアンスです。高品質のヨガインストラクターと教育者を養成するために、カリキュラムの基準を定め、その普及を促進しています。受験にはヨガの認定学校または認定インストラクターでの200時間または500時間(200時間+ 300時間)のコースを受講が必要になります。協会に登録されると「全米ヨガアライアンス認定ヨガ指導者」として活動することができます。

【主催団体】全米ヨガアライアンス

【試験名】全米ヨガアライアンス認定ヨガ指導者

【受験資格】受講が必要(最低200時間)

4位 AJYAヨガインストラクター

「ダイエットアドバイザー」は、ダイエット指導の実践を6単位(6時間)で具体的に学ぶことができる講座です。 合理的で健康な食事を目指したバランスの取れた食事療法、運動、意識療法などの健康改善を促進するための資格です。Web講座受講後に試験を受けることで資格が取得できます。

【主催団体】AJYAヨガインストラクター(AJYA)

【受験資格】特になし

【受験料】3級 10,000円

2級 20,000円

1級 30,000円

※別途、認定料に3万~60万必要

【受験会場】認定校、または銀座本校

【試験期間】随時
ヨガ資格  ヨガ資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る