記事の詳細

昨今、手紙を書くという方は減少してきていると言われます。しかし、100円均一のお店ではレターセットをずっと売り続けていますね。ということは、実は手紙を書く方は今でもかなり多いということなのではないでしょうか。しかし、メールやラインで済ますことも多い現代では、美しい手紙を書く技術、頭語や結語などを知っている方はやはり少なくなっているように思われます。ところで皆さんは、レターライティングマスターという資格をご存知でしょうか。この資格は、日本デザインプランナー協会が認定するものです。ここでは、レターライティングマスターの口コミや評判について、お伝えしていきます。

 

恥ずかしくない言葉遣いができるようになった

レターライティングマスターの資格を取った方は、敬語の使い方なども学べるため、手紙だけでなく普段の言葉遣いも美しくなる方が多いようです。「レターライティングマスターの資格を取ったのは、親戚の方が手紙を書くのが好きでよくお手紙をいただくため、目上の方に失礼のないお返事を書けるようになりたいと思ったからです。しっかりと敬語や、時候の挨拶なども学ぶことができ、満足しています。それに、口で話す言葉もすらすらと出てくるようになりました。今までは、仕事でお客さまとお話するときに敬語の使い方でつまってしまう場面があったのですが、そういうことがなくなり、お客さまからの信頼も上がったように感じます」との口コミがありました。目上の方がお手紙を書いてくださっているのに、毎回電話でのお返事というわけにはいきませんものね。また、お仕事でも活用されているようですが、そういわれてみるとしどろもどろで対応される方よりは、すらすらと敬語を話せる方のほうがしっかりしていることが多いですね。きっと、自信にもつながるのでしょうね。

 

レターライティングマスターの講師として活躍しています

また、レターライティングマスターの資格を取ると美しい手紙や言葉遣いができることが認定されますから、講師としての活動も可能になります。今はきちんとした手紙を書ける方は少ないと思われますので、そういった技術を求める方は意外と多いのではないでしょうか。口コミでは「レターライティングマスターの資格を取ってから、すぐに講師として自宅で活動を始めました。最初は生徒さんが集まるか不安だったのですが、ブログやメルマガなどで告知をしているうちに、習ってみたいと言う方が増えてきました。今はお茶会を兼ねて、自宅でのんびりとおしゃべりをしながら、皆さんに美しい手紙の書き方を教えています。趣味と仕事を兼ねているようで、とても楽しいです」という声もありました。なんだかゆったりとした時間が流れているようで、とても楽しそうですね。手紙には、時間をゆっくりとさせる力があるように感じてしまいますね。

 

レターライティングマスターの口コミや評判のまとめ

レターライティングマスターの口コミや評判についてご案内してきましたが、いかがだったでしょうか。手紙はやはりフォーマルな場では今でも欠かせないものですので、習っておくと良さそうですね。この機会にあなたも、レターライティングマスターの資格をとって、この口コミの方たちのように確かな自信を身につけてみてはいかがでしょうか。
手紙の書き方  手紙の書き方

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る