記事の詳細

外食産業が非常に活発化し、海外の食文化も日本にどんどんと導入されている中、それに伴って人気を伸ばしているのがワインです。
一昔前はワインといえば高級料理店で飲むものだったのが、今やチェーン店の居酒屋や、リーズナブルが売りのワイン居酒屋、ファミリーレストランなどでもワインは手軽に飲めるようになりました。
そういった理由から飲食業界もワインに詳しいスタッフが必要ですが、ソムリエの資格を持っている人などは高級レストランに就職してしまうため、実はワインに詳しい人というのは足りていないのが現状です。
そこでワインを扱う飲食店から一目置かれる資格がこの「ワインコンシェルジュ認定試験」です。
日本安全食料料理協会という日本を代表する食に関する団体では、ワインに関する基礎知識を持った人材を安定的に市場に輩出できるようにと、ワインコンシェルジュ認定試験という資格を設置しました。
ブドウの品種ごとに異なる味などの特徴や産地、世界各国のワインに関する事情・歴史、ワインの分類、ワインをおいしく飲むための方法、ワインに合う料理などの知識など一定の基礎知識を保有していることを証明する資格です。
その為、企業側にとって非常に分かり易い試験となっているため、この資格を取得しようとしている人が年々増加している傾向にあります。

ワインを多くそろえている居酒屋に勤めています(20代女性・飲食店勤務)

もともとワインは全然くわしくなかったのですが、ワインを売りにしているお店なのでお客様からも「どれが一番おすすめですか?」など質問をされる機会がすごく多いんです。
それで毎回店長に聞きに行くのも何だか不甲斐なく、自分もちゃんと勉強して聞かれたら提案できるようになりたい!と思うようになりました。
かと言ってソムリエを取るほどの自信はないし、どうしようと思っていた時に見つけたのがこのワインコンシェルジュの資格だったんです。
在職中なので通信講座で勉強をしたのですが、素人だった私でも取り組みやすいテキストがついていたので本当によかったです。
基礎知識などを勉強すればするほど楽しくて、仕事にもやりがいを感じられるようになりました。
今ではお客様に質問されたらある程度はそれに対してちゃんと答えられるようにもなって自信もついたし、お店に置くワイン選びも私も意見を求められるようになりました。

ワインがすごく好きで、個人的な趣味として勉強したりしている(40代女性・主婦)

趣味でやっていると、自分の実力がどれくらいなのかってすごく分かりづらいんですよね。
せっかくここまで詳しくなったんだから、何か実力を試すじゃないですけど、証明とかってできないのかな?と思った時に目をつけたのが資格でした。
しかし、ソムリエを取るというのも自信もないしそこまで費用や時間も削れないしな~と思っていたら、このワインコンシェルジュ認定試験というのを見つけたんです。
自宅でも勉強でなんとかなりそうでしたし、試験を受けるための費用も1万円程度なので、これはちょうどいいな!と思い決めました。
資格をとって、こうやって自分のレベルが目に見えるかたちにできたのはとても嬉しいことですし、資格をとってますますワインが好きになりました!
ワインソムリエ  ワインソムリエ

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る