記事の詳細

ワインと言えば、ソムリエやコンシェルジュは耳にした人も多いのでは?

芸能人でもワインの資格を持っている人も多いですね。

ブドウの品種、特徴や、世界各国のワインなどワインに関する一通りの内容を学ぶことができ、提供することができます。

男女関わらず、ワイン好きに欠かせない人気の資格です。

 

1位 ワインコンシェルジュ

理由

JSFCA(日本安全食料料理協会)主催のワインコンシェルジュとは

ソムリエほど難しくなく、比較的ワインの勉強をしっかりすれば取りやすい資格です。

ですが、ブドウの品種や特徴、世界各国のワイン、歴史、分類、ワインの作り方等の基本的な情報をマスターする必要は当然あります。

ワイン資格のワインコンシェルジュ

認定試験は?

受験資格は特にありません。

インターネットより申し込み、在宅受験になります。

合格率は70%以上です。

 

資格取得後は?

飲食業界、酒類製造及び販売業、流通業、ホテル業界など幅広い活躍とスキルアップができます。

副業として自宅でカルチャー教室などもおすすめです。
 

2位 ソムリエインストラクター

理由

JIA(日本インストラクター協会)主催するソムリエインストラクターは

ワインに対する一定以上の知識は必要です。

ワインの品種、原産地、製造、など専門知識と様々なシーン、

料理に適したワインを選び提供することができる人に与えられます。

ワインの知識と共にコミニュケーション能力も大事になってきます。

 

試験は?

ワインコンシェルジュ資格と同じく、受験資格は特にありません。

インターネットより申し込み、在宅受験になります。

合格率は70%以上ですが、事前にワイン講座など勉強しておく必要はあります。

ソムリエ資格のソムリエインストラクター

資格取得後は?

酒類製造及び販売業、流通業、レストランや飲食業で欠かせないワインソムリエ資格ですが、

ソムリエインストラクターとして指導など講師活動ができます。

 

3位 ワインアドバイザー

理由

ワインアドバイザーは、(日本ソムリエ協会)が認定する資格であり、

ワインの販売以外にも酒類や飲料類の販売をするのがワインアドバイザーです。

ワイン、他酒類の販売をしている従事者の資格所有者の名称であり、

日本ソムリエ協会のワインアドバイザー呼称資格認定試験に合格した者の呼称です。

ワインアドバイザーとして活動に関しては、

事前にワインコンシェルジュやソムリエインストラクター資格を取得していた方がスムーズに行えます。

ワイン専門店、酒店、ワイン輸入業界、などで活躍できます。

 

4位 ワインエキスパート

理由

ワインエキスパートとは、社団法人日本ソムリエ協会が認定する資格です。

ワインエキスパートとワインソムリエは同じ試験日に行われます、問題も70~80%は似ていて、難易度も同じレベルです。

ですが、ワインソムリエに比べるとワインエキスパートの受験資格は20歳以上であれば、

特になく誰でも試験を受けることができます。

1次試験は、公衆衛生の知識、ワインを含む飲料の必須知識、

2次試験はテイスティング、口頭試問、ワインアドバイザーに関する接客の資質等です。

 

5位 ワインコーディネーター

理由

ワインコーディネーターとは、

お料理、相手、シーンにピッタリなワインを提供することができる人に与えられる資格です。

ブドウ、栽培、製造方法、各国ワインの基礎知識、それ以外にも

お客様が求めるスタイルでサービスやセールスできる能力が必要となります。

資格取得後は飲食業界やワイン販売業など接客関係で実力を発揮でき、

レベルアップすることができます。
ワインソムリエ  ワインソムリエ

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る