記事の詳細

頑張って資格取得したなら、活躍できないと意味がない。

持っていれば将来的にも独立することができて

一生ものの、資格があります。

専門的な勉強が必要な資格ほど、取得した時の喜びは大きいものです。

 

1 位 CADデザインマスター

理由

日本デザインプランナー協会認定のCADデザインマスターは、

世界標準CAD、AUTOCAD、JWCADを使うことができ、

建築・機械・設備・電気・土木等の業務の中でより的確に作図能力CAD技術をマスターした

一定以上のレベルの知識を身につけることが必要です。

CADデザインマスターの試験を受ける為には建築業界に勤務、講座等、専門学校等である程度勉強しておくことが必要です。

資格取得後は、建築業関係でスキルアップができ、その後も自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

CAD資格のCADデザインマスター

受験料は10000円(税込)

インターネットから申し込み、在宅受験が可能です。

受験資格は基本的に特にありません。

 

2位 実践建築模型認定試験

理由

日本デザインプランナー協会認定の実践建築模型認定試験は、

建築模型を第3者に対するプレゼンテーションとして各種業務で積極的に使用するユーザ企業、建築技術者、その他技術者、

そのユーザ企業・技術者に対して実務における建築模型の知識と製作技術・技能の評価水準を決定するものです。

建築模型資格の建築模型認定試験

実践建築模型認定試験1級と実践建築模型認定試験2級に分かれています。

年6回試験は開催され、建築模型の製作技術・技能に加え、

建築模型の製作者としてのスキル、実践の場で通用する技術を有していることを認定されます。

模型試験は、筆記試験が行われます。

資格取得後、自宅やカルチャースクールなどで講師活動できます。

 

3位 建築CADインストラクター

理由

日本インストラクター技術協会が認定する建築CADインストラクターは、

建築設計や施工図についての知識と建築CADシステムについての知識が一定レベル以上あり、

世界標準CADのAUTOCAD・JWCADのどちらかを使います。

実際の仕事において十分使える一定レベルであることが必要な資格です。

建築CAD資格の建築CADインストラクター

資格を取得した後は、建築分野で様々な仕事に活かせる資格はもちろん、

セミナーや教室を開催し、講師として指導することが可能になります。

 

4位 建築模型技工士インストラクター

理由

日本インストラクター技術協会が認定する建築模型技工士インストラクターは、

スタディー模型、プレゼンテーション模型、検討模型、説明模型、展示模型、体験模型、比較模型、

原寸模型などを十分に理解し、実務において通用するレベルまで達した方へ認定される資格です。

設計事務所、ハウジングメーカー、建築模型会社、建設事務所で活躍できます。

また、資格取得は在宅ワークやフリーランスという働き方もできます。

建築模型資格の建築模型技工士インストラクター

5位 ハウスクリーニングアドバイザー

理由

日本生活環境支援協会が認定するハウスクリーニングアドバイザーは、

プロの知識と視点を持ち的確な判断やアドバイスが出来る掃除のスペシャリストです。

プロとしての道具の扱い方、安全な洗剤の使用方法、汚れに対する的確な対応方法など広い知識と応用力が求められます。

ハウスクリーニングは就職率も高く、大変需要がある職業と言えます。

資格取得後は、副業として自宅やカルチャースクールなどで講師活動も可能です。ハウスクリーニング資格のハウスクリーニングアドバイザー

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る