記事の詳細

日本でも根強い人気を誇る中華料理。中華料理店で食べる本格中華から一般家庭で人気のメニューまで、豊富な種類を楽しむことが出来るところもその魅力の一つと言えます。そんな中華料理のレパートリーを増やしたい、専門的な知識が欲しいなどという方、中華料理の資格があることをご存知ですか?仕事に活かせる資格から趣味を楽しむための資格まで、様々な資格を人気順にご紹介します。

一位
中華料理ソムリエ

中華料理ソムリエとは、中華料理の魅力や奥深さ、技術といった総合的な知識を習得していることを証明する資格です。地域によって異なる味や、中国各地での様々な調理法まで幅広い知識が必要とされます。中国料理の歴史も学習するため、実践以外の知識も得ることが出来ます。中国の文化や地域性なども同時に学ぶため、地域に合わせた中華料理を知ることにも繋がります。中華料理の調理法はもちろん、中華酒などの飲み物についての知識も必要となるため、どんな料理にどんな飲み物が合うかなどを学ぶことで料理に適した飲み物を提供することが出来るようになります。中国での食事のマナーや作法、食事の習慣なども合わせて学ぶので、様々な知識を習得することが出来る資格と言えます。この資格を取得することで飲食に関するアドバイザー、スクールの講師としての活躍が期待出来ます。中華料理に興味がある方はもちろんですが、中国の文化に興味がある方、料理全般に興味がある方におすすめの資格です。

二位
中華料理調理インストラクター

中華料理調理インストラクターとは、中華料理の歴史や四大中華、中華酒、中華茶などの知識を習得していることを証明する資格です。中華料理の知識だけではなく、中医学や漢方、薬膳といった知識も必要とされます。調理方法はもちろん、調理器具などの知識も充分に習得する必要があります。様々な調理器具を使った実際の調理法なども学習するので、実践に活かすことの出来る知識や技術が身につくと言えます。調理器具や食器などの詳細な部分まで学習します。この資格があると中華料理に興味のあるたくさんの方にその知識をレクチャーすることが出来、中華料理調理インストラクターとしての活躍が期待出来ます。試験は自分のスケジュールに合わせて日時を決めることが出来るので、忙しい方も自分のペースで学習し資格を取得出来ます。中華料理の作り方をマスター出来るので料理が好きな方や新しいことに挑戦したい方にはおすすめと言えます。飲食関係の仕事をされている方にとってはスキルアップにも繋がるので、向上心のある方にとっては非常に役に立つのではないでしょうか。

三位
IPA中華料理技師資格試験

IPA中華料理技師資格試験とは、中華料理の歴史や中国の文化、歴史などの知識を得ることが出来る資格です。実際レストランなどの料理人として働く方のためにある資格と言えます。世界中で人気を誇る中華料理は、食材を無駄なく使いこだわり抜いた調理方法を用いているところがその魅力の一つと言えます。調理方法や味付け、調味料、スパイスなどの知識はもちろん、薬膳料理などの専門的知識も必要とされます。レストランでのコース料理などのメニューを組み立てることも学び、季節や人数、予算を考慮してプロデュースするための知識や技術があることを証明する資格です。高級料理から庶民的な料理まで、幅広い中華料理の作り方を学ぶので仕事でのスキルアップに繋がると言えます。試験を取得するには調理の専門学校を卒業しているか、2年以上日本で調理に携わる仕事をしている人などの条件があります。一次試験、二次試験があり、二級、一級、特級があり厳しい審査があるので難易度は非常に高い資格です。その分大変価値のある資格と言えるので、資格を取得することでその後様々な場面での活躍が期待出来ます。専門的な知識と技術を同時に学ぶことが出来る大変価値のある資格ですので、就職や独立を目指す方の役に立つ資格と言えます。

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る