記事の詳細

最近人気の資格と言えば飲食関係、特にカフェブームもあり

コーヒーや紅茶に関連した資格が男女問わず人気です。

生活に欠かせないコーヒーや紅茶ですが、

歴史はとっても長く勉強することでより好きになるでしょう。

プロとなる資格は仕事だけじゃなく生活も潤いを与えます。

 

1位 コーヒーソムリエ

一日の始まりはモーニングコーヒーと言う方も多いですね!

一日を通して仕事中、リラックスタイム、来客中と

コーヒーを口にする機会はとっても多い生活に欠かせないコーヒーです。

 

コーヒーソムリエとは?

コーヒーの歴史、コーヒー豆、コーヒーの産地や種類、美味しい生豆の見分け方、

焙煎についてなど幅広い分野の知識が必要となります。

受験資格等は特にありません。

インターネットから申し込み、在宅試験になります。

合格基準も70%以上ですから普段からコーヒーに興味あり勉強した方なら合格することも夢ではありません。

試験も2ヶ月に1回ペースですから、受講もしやすいです。

コーヒー資格のコーヒーソムリエ

2位 紅茶アドバイザー

コーヒーと並び紅茶も国民に愛される人気の飲み物です。

特に紅茶は女性に人気が高く、アフタヌーンティーとして注目されています。

紅茶アドバイザーとして自宅にて教室をすることができます。

紅茶教室はとても需要があり予約待ちの教室まである程です。

紅茶資格の紅茶アドバイザー

紅茶アドバイザーとは?

茶葉の知識、カップ&ソーサー、美味しい紅茶の淹れ方、オリジナルブレンド等、

紅茶についての基礎知識を持つ方に認定される資格です。

試験内容は紅茶のグレード、効能、生産地と種類まで幅広く出題されます。

こちらも受験資格等は特にありません。

インターネットから申し込み、在宅試験になります。

 

3位 メディカルハーブカウンセラー

こちらも男女で言えば女性の方に人気が高い資格と言えます。

今では多くの料理やティーに使用されるハーブですが、昔は薬としても使われていました。

ハーブの効能に注目した資格がメディカルハーブカウンセラーです。

ハーブ資格のメディカルハーブカウンセラー

メディカルハーブカウンセラーとは?

ハーブによるリラックス効果をはじめ、リフレッシュ効果やデトックス効果等、

ハーブの効能に対しての知識を持ち合わせて

更にハーブを用いたカウンセリングを行う技術を持つ方に与えられる認定資格です。

資格取得後は、ハーブ関連販売店、サロン、カルチャースクール等で講師活動と幅広く活動できます。

こちらも受験資格等は特にありません。

インターネットから申し込み、在宅試験になります。

 

4位 ワインコンシェルジュ

女性男性共にワイン通は多くいます。

イタリア料理等、洋食店に欠かせないワインコンシェルジュは重要のある人気の資格です。

またリカーショップ等でも資格を生かすことはできます。

自宅でワインスクールをすることもできますし、

幅広い場所で知識を生かすことができます。

ワイン資格のワインコンシェルジュ

ワインコンシェルジュとは?

日本安全食料料理協会が主催するブドウの品種ごとに異なる特徴、

世界各国のワイン事情、ワインに対する基本的な情報や知識を得た方に与えられる認定資格です。

試験では、ワインと料理、ワインの歴史、ワインの造り方など幅広く出題されます。

しっかりと勉強しておくことが大事です。

 

5位 紅茶マイスター

紅茶マイスターとは?

日本安全食料料理協会が主催する認定資格です。

紅茶オーナーの知識、実務で活用できる技能が必要となります。

その為、現在カフェを経営する方や経営したい方に適してる資格と言えます。

試験問題もマーケティングの基礎知識、開業、運営の基礎知識、商品とサービス、

ティールームの企画と計画など運営に関する内容が幅広く出題されます。

受験資格は特になく、インターネットから申し込み在宅試験です。

試験は2ヶ月に1回ペースで時間のない方でも、いつでも受講ができおすすめです。紅茶資格の紅茶マイスター

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る