記事の詳細

近年、住宅市場が急ピッチで売り上げを伸ばしています。
理由としては、住宅ローン減税により住宅を買いやすい環境下にあるためです。
そして住宅ローンといえば今は過去最低の金利となっており、変動金利で0.6%代、固定でも1.0%を切るような低水準で借りる事が可能となりました。
さらに、消費税増税に伴うかけこみ需要です。
今現在の消費税は8%ですが、もうすぐには10%に上昇します。
そのため、ここぞとばかりに購入を行っている方が急上昇しているのです。
この様な環境のため、多くの人が急いで住宅購入を検討・実施しているのですが、ここで必要となってくるのが住宅購入後の住宅のケアについてです。
購入者はどこに土地を購入し、家をどのようなレイアウトで設計して、ローン設計はどのようにして返済していくかなど購入するための知識を手に入れるために日夜購入ための知識を仕入れています。
しかし、いざ購入した後の家のメンテナンスを行うかなどその後についての知識が圧倒的に不足しております。
また、急激に住宅購入を行う人が急増したため、家のメンテナンスに関してコンサルティングできる人も圧倒的に不足しているのです。
ここで必要とされるのが「住まいアドバイザー」です。

知識が充実!(40代・男性)

例えば、新築の家を建てる時やリフォームをするとき、どんな建材を選べばいいのかってご存知ですか?
耐久性や機能性ばかりを重視すると、環境や人体、動物に優しくない家ができてしまうかもしれません。
こんな時に、あまり知識のない人は「住まいアドバイザー」に相談するのです。
やはり、資格があると知識が充実します。
接客や営業の際に説得力・トーク力が増すということで、仕事のスキルアップにも繋がりました。
また、専門的に知っているほうが、家を新築する際やリフォームする際に、使いたくない建材にはNOと言うことができるので、この資格を取得してよかったと思っています。

不動産の営業をやっています(30代男性・不動産営業)

以前は全く違う業種で働いていたので、今の仕事に就く前は住宅に関しての知識は全くありませんでした。
しかし、自分は家を売る営業だったので、商材が安いとはいえないものを扱っているにも関わらず、知識が全くないでは、お客様からの質問にもなかなか答えられずに契約が全くとれなかったんです。
そりゃあお客様からしても、家を買うということは人生のうちの大きな買い物の一つなので、詳しい人からじゃないと不安で買えないですよね。
なので、この仕事をやっていくからには住宅に関する勉強が必要不可欠だということが重々わかったので、せっかく勉強するのなら誰よりも詳しくなってやろうと思い、住宅アドバイザーの資格を取ることにしたんです。
不動産営業の仕事はかなり忙しいので、在宅で勉強・受験ができるのはかなりありがたかったですね。
資格をとってからは、自分にも自信がつき、家の購入を検討している方からの質問にも堂々と答えられるようになり、徐々に契約が取れるようになっていきました。
お客様からも信頼してもらえるようになり、お客様の友人・知人で家の購入を検討されている方を紹介してもらえることも増えました。
自分のように不動産の営業をしている方や、住宅を扱う業界の方は、取って損の無い資格なのではないでしょうか。

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る