記事の詳細

世間では和菓子が大変人気がありますね。和菓子はバターやクリームを使わないので非常に健康にもよいためヘルシー志向の女性の方に非常に人気となっています。
また昨今では和食ブームの波もあり世界的に見ても和菓子が注目されてきています。
本日はそんな和菓子にかかわることが出来る資格を紹介していこうと思います。

1位 和スイーツセレクトマイスター

みなさん最中という和菓子はご存知だと思います。では最中は生菓子なのでしょうか干菓子なのでしょうか?答えは実はどちらでもなく半生菓子という分類になります。
このように和菓子の分類や種類などは多岐に分かれていて非常に奥が深いです。
和スイーツセレクトマイスターは上記のような知識から和菓子作りに使う道具、材料の知識まで網羅した資格となります。
和菓子の事なら詳しいと自負のある方もこの資格受験に向けて知識をつければ更に他の方に披露できる力がつく事間違いなしです。
この資格をきっかけに和菓子の販売や紹介に関する仕事を始めるのもよいと思います。
受験資格は特に必要なく受験方法も在宅で行えるので受験しやすい資格と言えます。
幅広い資格を取得したい人もこの試験から入ってみるのはいかがでしょうか?
受験料は10000円です。申し込みはインターネットから行うことが出来ます。

2位 和菓子文化コーディネーター

一方こちらの和菓子文化コーディネーターは和菓子の知識に郷土菓子の知識も問われます。
例えば、桜餅と道明寺という似ているお菓子がありますが、これらの違いはご存知ですか?
実は道明寺というのは桜餅の関西での呼び方なのです。(厳密にいうと中身が少しだけ違います)このように同じお菓子でも地方によって名前や材料等が違うものが色々あります。
郷土にちなんだ和菓子を勉強することによって日本の文化や行事に際した和菓子の知識などを身に着ける事が可能な資格となっています。
また観光や旅行業にかかわっている方でしたらお仕事の幅を広める良い機会にもなります。
和菓子で有名な京都や奈良、江戸菓子の東京など旅行や観光で有名な都市に和菓子を通じて知識をつける事が出来るのは魅力の一つではないでしょうか。
この資格を取得している方を見ると和菓子作りに携わっていた方が多いです。今までは和菓子を作っていた方が自分で和菓子教室を開く際に講義として和菓子の知識を披露するなどに活用されているようです。取得後に自分の仕事に活かせるというのはうれしいですね。
この資格も同じく受験料は10000円です。申し込みはインターネットから行うことが出来ます。

3位 菓子製造技能士

こちらの資格は主に和菓子を調理する方に向けた資格となっております。
和菓子の職人になる上で資格は必須ではありませんが、こちらの菓子製造技能士の資格を持っていれば転職の際などに融通が効くこともあり何かと便利です。
試験内容は筆記試験と技能試験の二つに分かれており調理工程や製造方法、食品知識など実際に調理をする際に必要となる知識が問われます。
上記の点と受験資格に実務経験が必須な点があるため、未経験の方がいきなり取得するには敷居が高くなっております。
なので、和菓子制作に従事していて更なるスキルアップに励みたい人におすすめの資格ですね。
受験手続や手数料は各都道府県により違いますので、都道府県毎の職業能力開発協会に確認してください。

4位 製菓衛生師

この資格もお菓子の製造にかかわる資格になっています。
菓子製造技能士との大きな違いは衛生面や添加物などの食の安全についての知識を持っているかどうかです。
公衆衛生学や衛生学等の衛生面の知識をつけているかを詳しく問われます。なので、こちらの資格は飲食店開業に必要な食品衛生責任者の資格と同じ力をもっており、開業の条件を一つクリアしたことになります。
将来和菓子作りで独立開業を目指している方にはぜひ取得していただきたい資格です。
こちらも受験手続や手数料は各都道府県により違います。都道府県のホームページに詳細がのってありますので確認してください。
和菓子  和菓子

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る