記事の詳細

夢見が悪いと起床時の気分も優れない事があり、精神的にも良くない状態であることが多いですよね。ですが、たとえ悪い内容の夢だとしても、夢自体が自分の無意識を代弁してくれているものであるため、必ずしもそのまま悪い意味であるとは限らない事もあります。

例えば自分が死んでしまう夢であれば、新生の暗示として自分の生まれ変わりを暗示しているとされています。また、変化の波が来ている事を予兆するものでもあるため、マイナスの意味というわけでもないんです。

今回はこういった夢に関する小話と、夢占いアドバイザー認定試験に関するお話しをしていきます。

夢見のそれぞれ

人によってこの夢を見る時はいつもこういう時だ、というものがあるように、自身の状態によって夢の内容が変わる事は一般的にも周知されていますよね。

特に肉体的な状態は非常に夢に反映されやすく、その点からも夢は単なるアトランダムな内容ではないという事が分かるのではないでしょうか。
よくあるものですと、とにかく辛くて痛い、苦しい夢の時は起床時に非常に喉が乾いている事があります。これは人体にとって水が非常に重要であることから、肉体的に水分が不足している事の危険信号を夢で受信した、という事ですね。

また、漫画やアニメの創作の世界では水浸し、プール等の水が関わる夢ではおねしょをしてしまう登場人物が描かれている事もあり、これも一般的になっている夢見と言えるのではないでしょうか。

このように、肉体的な信号を受信する場所として考えられもする夢ですが、現実では起こり得ない状況すら存在するため、あまりにも膨大な数の状況が夢の中では存在します。そもそも夢見に関しては科学的にはメカニズムが解明されていない事もあり、その一つ一つがどういった事に繋がるのかは未だ体系化されていない事実があります。

とはいえ、事実としてAの状態の時にBの夢を見る、という一致が度々発生するため、自身の状態が夢に影響を与えるのはもはや共通認識と言えますね。

夢に関する研究

心理学や神経生理学において研究がされている夢ですが、上述の通りそのメカニズムはまだ解明されていません。
歴史上でも有数の高名な精神医学者であるジークムント・フロイトも夢に関して言及しており、研究書の一つである夢判断では治療への利用を目的とした内容が記述されており、現代の夢診断の大元の原理となっているものもありますね。

また、スイスの心理学者として有名なカール・ユングも夢に関して研究を重ねていたことで知られています。フロイトと同じく臨床的な立場から夢にアプローチをかけた人物で、精神分析の手法として夢を研究していました。
フロイトと比べると幾らか超常的な要素も含まれるため、今日ではフロイトの研究書を参考に理論が組み立てられる事も多いようです。

夢にも種類がありますが、よく話題になるのが明晰夢ですね。
これは夢を夢と自覚し、その中で自由に動ける夢の事を指して呼びます。
意図的に明晰夢を見る方法はよくインターネット上でも出てきますが、よくよく考えてみると脳を自分の意識でコントロールしているということですから、非常に難易度の高い事を実践しているのではないでしょうか。

都市伝説レベルの話しになりますが、明晰夢を見ているどうしで夢の中で会う事すら可能であるという話もあります。実際に夢の中で邂逅し、現実世界でその時に決めた合言葉が合致したという事例がありますが、様々な面で理屈が通らない事もあり、文字通り夢のような話だ、とされています。

夢占いアドバイザー認定試験 概要

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価

不思議の塊である夢の話をしてきましたが、自己分析の観点からも夢の内容が自分の状態にどう繋がるのか、という事が気になる人は非常に多いです。
そして需要が高い割には知識を持つ人が少ないという事もあり、これは夢自体が未だ解明されていないもの故の弊害と言えるでしょう。

関連する書籍も非常に多いなか、こういった資格を持っている人はなかなか稀です。自己分析の為に取得する方が増えているようで、口コミで評判になっている認定試験となっています。

興味のある方は是非チャレンジしてみてくださいね。
夢占い  夢占い

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る