記事の詳細

お子様を持つ人なら必ず悩むと言って過言ではない幼児食。
最近ではインスタントやレトルトのものが多く手軽になってきていますが添加物や栄養バランスの面で心配な部分が多々あります。
やはり自分の手で作ってあげたいというのが親としての本音だと思います。そんな方に強い味方の幼児食に関する資格が話題となっています。
今回はそんな幼児食に関する資格をランキング形式で紹介していこうと思います。

1位 幼児食マイスター

幼児食と一言で言ってもお子様の年齢によって離乳食だったり一般的な食事の一歩手前であったりすると中身がガラッと変わります。幼児食マイスターではこのような幅広い食事に関する知識を勉強を通じて手に入れることが出来る資格となります。
更にお子さん特有のアレルギー症状である「アナフィラキシー症状」への予防や対策、お子さんの手づかみや遊びながらの食事に対するしつけなど幅広い事柄が出題範囲になります。
一見出題範囲が広いように感じますが実際の生活に寄り添った出題範囲なので無理なく学習できる方が多いです。
勉強方法は独学の方も多いですが、アレルギー症状など専門範囲もあるのでテキストの購入がおすすめです。
受験資格は特にいらず、在宅で受験が出来るため気軽に行えるのもメリットですね。
受験料は10000円(税込み)でインターネットからの申し込みとなります。

2位 ベビーフードインストラクター

数多くある幼児食の資格の中でこの資格はベビーフードについての細かい知識を特化して手に入れる事が必要な資格となります。
例えばあるベビーフードのレシピを見てこの食材はこの目的で取り入れていることを理解したり、自分でオリジナルのベビーフードを作ったりすることが求められる資格となります。これから子育てでベビーフードを作っていこうとしている方はもちろんの事、子育てが終わった世代の方にもインストラクターとして活躍する為に更に力がつける事が出来るのでおすすめです。
試験内容も栄養の基礎である5大栄養素が中心で後は応用力が試されるものになっています。なので、料理や栄養に少しでも興味があった方には身近なものとなっています。
幼児食マイスターと同じく受験資格は特にいらず、在宅で受験が出来ます。
受験料は10000円(税込み)でインターネットからの申し込みとなります。

3位 幼児食インストラクター

こちらの資格は資格取得の条件に指定の通信教育を受ける事が条件となります。
通信講座では幼児食の知識だけではなく幼児のしつけやアレルギー知識、幼児食のモデルレシピの紹介など幅広い範囲の知識を講義してもらえます。今まで料理や栄養について勉強したことなくて困っているという方にお勧めの資格となっています。
勉強で手に入れた知識を使い自宅で幼児食の料理教室を開くといった副業にも活かせます。
受講期間は目安で3カ月とされていますが、最長約2年間のロングスパンで講義期間を取ってくれるので仕事や育児との両立もしやすくなっています。
受講料と受験料は合わせて約54000円です。インターネットから申し込みならネット割をしてくれるのでおすすめですよ。

4位 幼児食アドバイザー

こちらも通信教育を通じて取得が出来る資格となっています。
幼児食の栄養の話以外にも年齢に応じた幼児食の取り方や子供にとって良い食事習慣についてなどの内容も学習することが出来ます。
学習期間は約6カ月となります。各月ごとにレポート提出があり添削を通じて内容理解が確認できるのがメリットです。ただし期間は6カ月で固定なので注意が必要です
受講料は37000円(税込み)で受講終了時に資格取得の修了書が発行されます。

5位 子供食育健康管理コーディネーター

こちらの資格は幼児食というよりも小学生から中学、高校の成長期にかけてのお子さんの栄養や食事を管理する資格となります。
健康な成長には幼児食が終わった後も大切になってきますので余裕がある方はこちらの資格を取得するのがおすすめになります。
しかし、幼児食の知識はこちらの通信講座では扱っていないのでお気を付けください。
受講費用は在宅の場合は53000円(税込み)となっています。
幼児食  幼児食

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る