記事の詳細

手相とは易学の歴史では、日本でも戦前から街角で行われていた民間伝承易学で、非常に長い歴史を誇っている技術です。手のひらに現れる線や模様の大きさや長さだけではなく、全体のふくらみや肉づきにも着目します。アジアでは最も普及したのが、この手相学で、手相鑑定士とは、この伝統的な手相学の知識や経験を使って、他人の運勢を見ることが出来る、実践的な技術を身に着けた事を証明する認定試験です。数多い易学の中でも、最も古い占いに属することから、学習はかなりハードルは高いですが、手相鑑定士認定試験は、一般的な人向けの人間関係や、恋愛などを占うものです。占いの技術や経験としては誰でもチャレンジできるのが大きな特徴となっています。また手相は、西洋の宗教とは相いれない分野の易学として、昔からアジア地域でしか行われて来ませんでした。それが故に、この手相鑑定士の資格認定試験は、アジア、それも日本人と大変所縁のある占い認定試験ということが言えるでしょう。

日本インストラクター協会とは

日本インストラクター協会(JIA)は、他人に教える力とスキルを中心とした、その技術や知識が一定の水準にあることを認定する協会です。特に独学で学ぶことが多い民間資格の中でも、信頼に足る認定試験を数多く、幅広いジャンルで開催しています。得られた資格によって、第3者の認定という証で、各方面での活躍では一つの目安になることは言うまでも無いでしょう。様々な職種では、人材の採用基準に客観的な視点からの尺度を基本としているのが、現代社会です。民間資格のこうしたスキル証明は、その知識や技術が必要な目的や応用に対応して、社会に役立つ資格として今では活用されつつあります。こうした人材育成が、日本インストラクター協会(JIA)の目的となっています。

試験を受けるには

試験は、日本インストラクター協会(JIA)の公式ページから、まずは解答用紙提出期限を確認し、必要な受験期間をまず見ることから始めます。受験は公式ページから申し込み、代引きで送られてきた受験セット一式をもって、自宅で受験することになります。また試験期間は5日間あるため、余裕をもって受験することが出来ます。合否も自宅に郵送で通知が発送されますので、受験会場や試験日日程を気にせず誰でも受験可能となっています。

合格するには

手相についての全般的な知識が必要ですが、幸いに独学でも必要な書籍は、専門的なものも含めて、ある程度大きな書店であれば手に入ります。それに通販でも検索できますし、何よりインターネットの普及で、今は情報が非常に多い時代です。しかも手相学は知識の応用が大半で、使う道具も必要ではありません。街の手相占い師などは、手相と他の易学を応用しています。従って、この手相鑑定士とは手相に特化した占い技術や知識を得れば良いため、勉強し易く、また今では得られる情報も多いため、年齢や経験無しでも1から勉強、習得する条件が揃っています。

認定試験に向かって

原則独学で充分ですが、自分でも街の手相、易学の占い師などの利用を通じて、会話術は学んでおいた方が、認定試験後に多くの応用の場が広がるでしょう。独学で書籍から充分な知識が得られるほど、情報豊富な時代です。またインターネットを通じた情報交換も盛んで、今では数多い専門サイトがあります。独学で学びやすい占いの一つが、手相鑑定士の大きな利点の一つであると言えるでしょう。

合格後の活躍

占い師としてだけではなく、インターネットの相談サイトや、独自で恋占いや人間関係などを占うサービスや、アプリなどの提供でも活躍できる資格です。手相は非常にアジアでは占いの中でも信頼性が高く、普及もしています。また、他の占い、易学の最初に学ぶものとしても、手相鑑定士は誰でも老若男女が受験できる、大変手軽な易学の一つです。趣味としても、他人に披露しその占いで人気を博するというのも良いですね。
手相  手相

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る