記事の詳細

皆さんは、手紙を書かれることはあるでしょうか。最近は、メールやラインなど便利な伝達手段がありますので、あまり書かないという方も多いかもしれませんね。しかし、手紙は美しい日本の文化の一つです。時候の挨拶などもひと月ごとに様々な種類があり、もし覚えて書けるようになったらとても嬉しいとは思いませんか?日本インストラクター技術協会では、「手紙・文章ライター」という資格の認定を行っています。手紙・文章ライターは文章の構成を身につけ、高度な文章力があると認められた方に贈られる資格です。ここでは、手紙・文章ライターの口コミや評判について、見ていきましょう。

海外の方に喜ばれる手紙が書ける

手紙・文章ライターの資格を取ると、日本の文化としての手紙の常識も身につけることができます。口コミの中では、「言葉のセンスをアップさせたくて、手紙・文章ライターの資格を取りました。以前、海外の方がホームステイで家に住んでいたことがあり、その方に手紙を書くときに助かっていますね。基本はメールでやり取りするのですが、プレゼントや頼まれて買った物などを送るときに、手紙も箱の中に入れることがあるんです。相手は日本語が読めますので、そういったときに日本の美しい表現をすると、とても喜んでくれます。日本の文化として、これからも続けていきたいですね。また、普段話すときも、丁寧な言葉遣いをするようになってきました」といった方がいらっしゃいました。海外の方であれば、日本文化のものはたいそう喜ばれるでしょうね。それに、きちんとした言葉遣いというものはなかなか習う機会がないものです。資格を取る意義は、こういったところにもあるようですね。

 

会社で重宝されています

しっかりした言葉遣いというのは、意外とできていない方が多いものです。丁寧語と謙譲語を間違ったりというのはよく聞く話ですね。手紙・文章ライターの資格を取ると、そういった常識的な知識を理解することができます。「手紙・文章ライターの資格を取ってからは、会社でビジネスレターを書くのをよく頼まれます。手書きの文章は、業績を上げるとも言われているそうで、自分がそれに貢献しているかどうかは分かりませんが(笑)、上司はそういったことを期待しているようです。業績を上げるまではいかなくても、手書きの手紙をもらって悪い気持ちになる方はいないと思います。また、知人で絵手紙好きな方がいるのですが、私は絵は描けませんので、代わりに手書きの手紙を送っています。可愛いレターセットや、切手シールなども最近は充実していて、選ぶのが楽しいです」と、こんな口コミもありました。確かに、お店からのはがきなどでも手書きで一言そえてあると、印象がまったく違いますよね。やはり業績も上がっているかもしれませんね!

手紙・文章ライターの口コミや評判のまとめ

手紙・文章ライターの口コミや評判は以上です。いかがでしたでしょうか。なんだか口コミを読んでいるうちに楽しい様子が伝わってきて、手紙を書きたくなってしまいそうですね。もしよかったら今回の口コミや評判を参考にして、あなたも手紙・文章ライターの資格を取って美しい手紙を書いてみませんか。
手紙の書き方  手紙の書き方

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る