記事の詳細

近年、注目を集めている日本茶。年配の方だけではなく20代や30代の方でもお茶の教室に通われている方を見かけます。
また海外でも日本食の文化と共に日本茶もブームになってきています。世界的に活躍の場がある日本茶でありますが、意外と詳しい知識までは知らない方が多いのではないでしょうか?最近ではそんな方向けの日本茶の資格もたくさんできてきています。
今回はそんな数ある資格の中から特におすすめなものをランキング形式で紹介していこうと思います。

1位 日本茶セレクター

趣味で茶道を嗜んでいる方の中でも栽培や収穫法、製法などの知識を詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?
日本茶セレクターでは日本茶の入れ方から上記のような日本茶の製造方法まで幅広い分野が問題として出題されます。日本茶についての初心者の人だけではなく茶道経験者や日本茶に携わっている人にも勉強になることが多い資格となっています。
飲食店や日本茶のお店ではこの資格の取得を義務付けているところもあるようです。それほどまでに広く知れ渡っている資格ですので安心感もありますね。
この資格を通じて知識をつける事によって地域のお茶会や自宅でお茶の教室を行う際に話のタネになったり、講座の内容に花を添えたりできるのでおすすめです。
試験内容はお茶の知識が多岐に渡って出題されますが、日本茶が好きであればどれも身近な内容になっていますので独学でも十分に対応可能な範囲になっています。気になる方はテキストもありますので、ぜひ調べて購入していただいたら確実です。
資格受験に際して特に条件はありません。受験も在宅で行えるので気軽に行えるのも魅力ですね。受験料は10000円となっています。

2位 緑茶インストラクター

こちらの緑茶インストラクターは緑茶についてフォーカスを向けた資格となっています。
具体的には緑茶の淹れ方や茶器の種類などの淹れる知識や全国の有名なお茶の産地について、国内の緑茶の発展に貢献した偉人についてなどの知識が必要となってきます。
取得後は緑茶のプロとして自宅で緑茶インストラクターとして活躍をしたり、講師として教室を開いたりなど緑茶、日本茶の専門家としての活躍が見込める資格となっています。近年、日本茶に関する資格が非常に増えてきていますが、ここまで緑茶にフォーカスを当てた資格は珍しく大きな特徴となっております。
こちらの緑茶インストラクターも受験に際して特に条件はありません。受験も在宅で行えます。受験料は10000円でインターネットから申し込みが出来ます。

3位 日本茶アドバイザー

日本茶に仕事で携わっているけれどもあまり日本茶についての知識がないという方におすすめなのがこの日本茶アドバイザーの資格です。
こちらの資格を認定しているのは日本茶インストラクター協会という日本茶の普及活動を専門的に行う協会なので日本茶に関しては信頼がかなり高い団体です。この教会が直接抗議を行ってくれますので、独学で知識をつけるのに時間がない人にはとてもおすすめです。
また普通の資格の講座と違いなんと通学のコースもあります。東京、静岡、京都で行われているので近くにお住みの方はぜひ受講してみてはいかがでしょうか?
受験料や受験方法はコースによって違いますのでぜひ日本茶インストラクター協会のホームページを確認してみてください。

4位 日本茶インストラクター

この日本茶インストラクターは先ほどの日本茶アドバイザーの上位資格となります。更に詳しい日本茶の知識をつけたい方や日本茶のお店を開きたい方などにおすすめです。
試験は2次に分かれており、1次試験は筆記、2次試験は実技となっております。1次試験の合格率は30%代と難易度が高めに設定されています。なので、初めて日本茶の資格を取る方にはあまりおすすめではありません。

5位 日本茶スペシャリスト

この日本人の身近に存在している日本茶について基礎の部分から初めて勉強することについて重点を置いた資格になっています。
受験に至るまでに通信講座を受講するので初めての人にもわかりやすいようになっています。また教材もweb上で閲覧できるので場所を選ばずに勉強できるのも大きな魅力です。
半面専門性については少し弱くなっているので、ある程度知識がある方には物足りない内容になってしまいます。
受講料は29000円で受験費用も含まれています。無料講座も用意されているので一度確認してみるのがおすすめです。
日本茶・お茶  日本茶・お茶

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る