記事の詳細

洋食エキスパートの概要や口コミ、評判をまとめます。
西洋料理と洋食は同じ意味に感じますが、実は異なっていて海外から来た西洋料理を日本人の好みの味に合うように、独自に発展した西洋風の料理を「洋食」と言います。
明治時代ごろから生まれた歴史ある洋食文化ですが、近年では多様な食材・調味料がありますので調理方法も多様になってきています。

洋食エキスパートとは

洋食の調理からソースの作り方までの、実践的な知識を身に着けている方へ認定される資格で、洋食で使用する調理道具・食材・調味料の基礎知識や、洋食の下準備から仕上げまでをマスターし、基本的な知識を洋食の調理と実践で活用する事ができます。
また、実践的な知識だけでは無く、日本の洋食の歴史、ナイフやフォークの使い方やテーブルセット等のマナーの基礎知識を理解する、文字通り「洋食のエキスパート」です。
洋食と言えば喫茶店のメニューにありそうな、オムライス・ナポリタン・カツレツ・ハンバーグ・エビフライなどを連想させますが、洋食に興味がある方や今後、飲食店を開業したい方や飲食業界で就職したい方にはお勧めの資格です。

洋食エキスパートの仕事、やりがい

資格取得後には洋食の実践的な基礎知識を生かして、料理教室の講師やカルチャースクールの講師などで活躍する事ができます。
料理教室は、特別な資格は必要なく始めれるものではありますが、やはり洋食エキスパートの資格を持っているか持っていないかでは、受講生の方に与える印象も大きく変わってきますので資格を取っておく方がベターでしょう。
洋食と言っても、沢山の食材・調味料・調理方法がありますので、非常に奥が深い分野になります、たくさんの家庭やレストランで洋食が供されている事を考えると、料理教室の講師やカルチャースクールの講師を目指している方には、資格試験も特別な専門知識がそこまで必要が無く、難易度も低めなので持っておいて損はしない資格と言えます。
もちろん、資格取得をしたからと言ってすぐに料理教室やカルチャースクールの講師ができるようになったり、就職活動で必ず採用をもらえるわけでは無く、実務経験が問われる事もありますから、洋食エキスパートの資格をどう活用するのかで仕事領域や年収も大きく変わっていきます。

洋食エキスパートの口コミ、評判

資格取得を目指す方の目的の多くは、日常生活に近い分野である観点から主婦の方が趣味の延長で資格取得を目指していたり、現在飲食業界で活躍している方も自身のスキルアップを目的に資格取得したり、学生の方が就職活動の為に、資格取得を目指しています。
もちろん今後、お店を始めたくて洋食エキスパートを取得している方もいらっしゃいます。
実際に口コミでは、私生活の料理レパートリーが増えたとおっしゃる方や、洋食の基礎知識が身に着くことによって、調理技術が向上したとおっしゃる方も多いですね。
洋食レストランのオーナーさんや、シェフの方が資格を取得している事もあります。
今後、お店を開きたいと思われている方には、基礎知識から実用的なスキルが身に着く資格ですし、今は資格は持っていないけど料理はできるって方も、一度洋食エキスパートを目指してみると新しい発見があるかもしれないのでオススメです。

洋食エキスパートになるには

洋食エキスパートを取得するには
日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定している試験に合格する必要があります。
合格には70%以上の評価が必要となりますので通信教育や本屋さんで専門書を購入し試験に臨むのが良いでしょう。
試験の申込みはインターネットからの申込みとなり、費用は一回の受講で10.000円(税込み)となっております。
もし70%以上の評価が得れずに合格じゃなかった場合でも年間で数回試験の実施を行っているので国家資格のように1年に1回しか試験が無いなんてことは無いようですね。
今後、調理スキルアップしたい方や料理教室の講師を目指している方や就職活動でご自身のアピールに活用したい方にはお勧めの資格ですので資格取得を目指してはいかがでしょうか?
洋食資格  洋食資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る