記事の詳細

旅行に行く際に候補にあがる行先に温泉がありますよね。温泉地に観光に行きのんびり過ごす。とても素敵な休日になりそうですね。
しかし、温泉地と一言で言っても全国各地に沢山あります。なんでも全国には3000か所以上の温泉地があるそうです。その中でおすすめの場所や自分に必要な効能の温泉が分かったら素敵ではありませんか?
今回はそんな方にお勧めの温泉観光についての資格を紹介していこうと思います。

1位 温泉観光アドバイザー

温泉観光アドバイザーでは全国各地の温泉の特徴や効能を網羅したことを認定する資格となっています。
最近では外国の方で日本旅行に来る方が増えています。そんな外国人の方の人気観光スポットの一つが温泉地です。また日本人の方も年配の方はもちろん若い方の温泉地への旅行も人気となっています。そんな各所から需要がある温泉地ですが意外と温泉に関連して働く方は減少しています。そこで必然的にこの資格を持っている方の需要が高まり温泉関連の仕事をする上で大きなアドバンテージになります。
また学習内容も温泉の種類と効果を覚えるだけですので複雑ではなく他の資格に比べて覚えやすいと言われています。温泉の知識がある程度ある方は独学でも十分に学習可能な資格です。
取得後は温泉地での仕事に就くだけでなくネットで温泉の紹介をしたり、温泉についての講師を行ったりと活躍の幅が広い資格です。
受験に際して条件は特になく、申し込みもインターネットから行えます。更に受験は在宅で行えるので受験時間が確保しづらい人にもおすすめとなっています。
受験料は10000円(税込み)です。

2位 サナトリウム健康アドバイザー

サナトリウム健康アドバイザーは温泉の泉質や入浴時の知識を持っていることを認定される資格になっています。
みなさんはサナトリウムという言葉を知っていますか?もともとは結核などの患者さん専用の療養場所の事を指していました。しかし、近年では健康に良いとされる場所、特に温泉地などの事を指す言葉として用いられています。
なので、この資格は温泉の温泉分析表の見方や泉質などの知識を通して温泉で健康になれるような知識をつけることが出来ます。
温泉の紹介や講師を行ったりするうえで活躍する資格になっています。
周囲に湯治に行こうと思っている方がいる方やどこの温泉に行くのか迷っている方に適切なアドバイスが出来るので旅行好きの人にはぜひ取得していただきたい資格です。
こちらも受験に際して条件は特になく、申し込みもインターネットから行えます。更に受験は在宅で行えます。受験条件に講義受講がないので独学で受験しやすいのもおすすめなポイントですね。受験料は10000円(税込み)です。

3位 温泉ソムリエ

温泉ソムリエは温泉の入浴法などの知識をつけていることを認定してくれる資格です。
こちらの資格の魅力は取得がとても簡単なことです。温泉ソムリエ協会が主催するセミナーに受講すれば必ず取得することが出来る資格となっています。
更に最近では、芸能人やレポーターの方で取得する方も増えてきて認知度が上がってきている資格となります。
また、もっと温泉について詳しくなりたい方にはステップアップが出来るセミナーもあるのでそちらを受講されるのもおすすめです。
認定のセミナーは不定期に全国で行われています。受験料や日時は温泉ソムリエ協会のホームページに記載がありますので確認してみてください。

4位 温泉観光士

こちらの資格は日本温泉地域学会が主催している講座に参加することで受験が出来る資格となっています。
3日間の講義の中に試験も盛り込まれており合格者の方は最終日にそのまま認定という形になります。
講義の内容は全国の大学教授が実際に大学の講義を分かりやすくしたものを行ってくれます。知識としてはとても高いものを教わることが出来ますが、少し硬い内容になっています。また、3日間温泉地に赴く必要もあるので時間にゆとりがあるかたにおすすめとなっています。
講座は不定期で開催されています。温泉百貨店のホームページで詳細を確認することが出来ます。

5位 温泉保養士

こちらの温泉保養士の資格も実際に温泉保養士の講義を受講することによって受験することが出来ます。
年に一回神奈川県で講義を行っていて実際に訪れ3日間の講義を受講の後に試験を受け、合格するとその場で温泉保養士の資格を取得となります。
日時等は日本温泉保養士協会のホームページに記載されています。
温泉観光  温泉観光

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る