記事の詳細

漢方コーディネーター認定試験は、日本安全食料料理協会で行っている資格試験です。漢方コーディネーターという資格は漢方や生薬、養生法などに関する一定以上の基礎的な知識を習得したことを認めるものです。ここでは、漢方コーディネーター認定試験の口コミ・評判について見ていきます。

漢方の基礎知識が身につき、慢性の病気が改善

漢方関連の資格は、いまや大変人気があります。というのも西洋医学と違い漢方は「体質改善」ができるからです。西洋薬はたいていの場合、対症療法に終始し、根本的に病気を治すに至らないことが多いと言われています。しかし漢方は目に見える症状だけに着目せず、独自の理論に基づいた処方や養生法を使うことにより、西洋医学では根治が困難とされているさまざまな慢性の病気に効果が出ているようです。実際、「長年の持病が、漢方を使うことで良くなってきた」という声は、大変たくさん聞かれます。漢方というと怪しい、効きが悪いというイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、食わず嫌いをせずに勉強をして資格を取った方は、現実に西洋医学で治らなかった病気を改善しつつあるようですね。

養生法を使って風邪予防などの健康管理

昨今、長時間労働などにより、現代人は疲れ切っています。それなのに、風邪などで休暇を取ると、「自己管理が足りない」と逆に叱られてしまうこともありますよね。漢方コーディネーター認定試験を受けて、資格を取ると薬膳の知識も活用することができます。薬膳とは特別な食材を指すのではなく、日常生活で普通に使う食材を分類し、人それぞれ、その時の体調に合ったものを選んでいくことです。そうすることで冷えやのぼせを改善したり、胃腸の調子を良くするなどの効果を期待するものなんですね。たかが食材ということはなく、毎日口にするものは身体を作っていますので、とても大切なのです。口コミでも「漢方薬を使うのと同時に養生に気をつけることで、皮膚に起きていたかゆみや痛みがおさまってきた」という声が聞かれました。また、アンチエイジングに効果のある食材を試しているという方もちらほら。やはりみなさん、興味のあるところですよね。

漢方コーディネーターの講師として活躍

そしてやはり口コミで目立つのは、漢方コーディネーターとしてセミナーや、カルチャースクールなどで講師として活躍しているという声です。漢方のセミナーや講座は、募集するとけっこうすぐに満席になってしまうようです。それくらい今の時代に求められている知識と言えるでしょう。漢方の知識だけでなく、養生法なら料理教室も開くことができますね。楽しく調理して美味しく食べ、しかも健康にも良いとなれば、女性が飛びつくのも当然かもしれません。これから前途有望な資格と言えるのではないでしょうか。

漢方コーディネーター認定試験の口コミ・評判のまとめ

漢方コーディネーター認定試験の口コミ・評判についてまとめてみましたが、いかがでしょうか。漢方コーディネーター認定試験はかなり良い印象をお持ちの方が多いことが分かりました。これからの時代、もっと東洋医学と西洋医学の距離は近づき、お互いに協力しあえば、病気に苦しむ方も減るのではないでしょうか。もし良ければ今回の結果を参考にして、明るい未来をつかみとっていただければと思います。
漢方・薬膳  漢方・薬膳

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る