記事の詳細

健康に気をつかう人はどんどん増えており、オーガニック食品やマクロビオティック、ローフードなど、さまざまな健康食があります。
健康食の中でも、歴史が古く、格式高いのが薬膳料理です。
薬膳(やくぜん)料理は、中医学理論に基づき、漢方食材を料理にしたもので、栄養、効果、色、香り、味、形などすべてが揃った「食」を通じて命を養う健康法のことです。
薬膳料理の講師として、人々の健康に貢献することができる資格をあつめました。

第1位 薬膳調整師

●どんな資格?
日本安全食料料理協会が主催している民間資格です。
中医学の基礎理論と理論に基づく中医栄養学、薬膳学を学び、その人にあった食事を提案すること(弁証施膳(べんしょうせぜん))ができるひとに与えられる資格です。
ちなみに、上級資格である国際薬膳調理師という資格もあります。
受験資格:調理師免許を持っていること
日本安全食料料理協会主催の「薬膳初級講座」または提携の教育施設(登録機関)で60時間以上の薬膳講習を履修した方
●オススメの理由
本格的な資格なので、就職に有効な資格です。
国家資格である調理師の資格を持ち合わせているので、講師活動をする上でも、箔がつく資格となります。

第2位 漢方コーディネーター

●どんな資格?
日本安全食料料理協会主催の民間資格です。
漢方や漢方薬に対する基本的な知識、漢方独自の診断方法や病気を治すように努めることへの理解が一定以上あると認められた人に対して認定される資格です。
受験費用:1万円
●オススメの理由
漢方の基本的な考え方をマスターする資格なので、料理が苦手な方にもおすすめの資格です。
料理を教えることに抵抗がある方でも、漢方薬の知識を教える講師として活動することができます。

第3位 薬膳マイスター

●どんな資格?
国際薬膳食育学会主催の民間資格です。
薬膳マイスター資格は、薬膳を、日本人の味覚や体質に合うように食べやすくした料理(和漢膳)をマスターして、実生活に活かせる人に与えられる資格です。
薬膳は難しそう、制限がいろいろありそう、というイメージを払拭する毎日の食生活で気軽に実践できる料理がつくれるようになります。
テキストやDVDがセットになった教材を使用して学習、修了すれば資格が得られます。
受験費用:30600円

第4位 薬膳漢方マイスター

●どんな資格?
漢方や薬膳の基本的な知識を持ち、それを美容や健康に生かせる人に与えられる資格です。
薬膳の食材は種類がかなり多いですが、この資格では家庭でも使いやすく手に入れやすいものを中心に学びます。
講座を修了すると資格がもらえます。
WEBテキストなので、スマホやタブレットでも学習することができます。
受験費用:36000円

第5位 薬膳アドバイザー

●どんな資格?
日本中医食養学会が主催している民間資格で、1位の薬膳調整師の初級編の資格です。
薬膳の基礎を学んだことが証明されます。
試験はなく、日本中医食養学会主催の「薬膳初級講座」または提携の教育施設で40時間以上の薬膳講習履修することで資格がもらえます。

第6位 薬膳コーディネーター

●どんな資格?
本草薬膳学院主催の民間資格で、ユーキャンが通信教育を行っています。
薬膳の基礎知識を問う、初級資格です。
添削課題(3回)を提出し、試験にうかれば資格がもらえます。
合格率は60%ですが、何度でも受験が可能です。
受験費用:44000円(講座受講、試験料)
漢方・薬膳  漢方・薬膳

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る