記事の詳細

焼酎セレクトアドバイザーの口コミや評判をまとめます。
焼酎には麦焼酎・米焼酎・芋焼酎・そば焼酎などの種類や色んな銘柄がありますよね。
地方によっては、栗焼酎や牛乳焼酎やとうもろこし焼酎なんてものもあります。
そしてそれぞれの焼酎に合う料理などもありますが、そんなとても奥の深い焼酎を熟知している資格があります。
その名も「焼酎セレクトアドバイザー」そんなお酒好きにはたまらない資格のご紹介です。

焼酎セレクトアドバイザーとは

酒屋さんなどで焼酎を購入する際に「焼酎」と書かれているものと「本格焼酎」と書かれているものがありますが、本格焼酎には水以外の添加物を加えておらず、焼酎本来の味を楽しめます。
焼酎には様々な種類がありますが、それぞれの特徴や作り方などの知識を有していているのが焼酎セレクトアドバイザーです。
さらに、焼酎の選び方や飲み方、グラスの選び方や焼酎に合う料理の選び方などの様々な知識を熟知していて、例えば焼酎グラスにも様々あり、お湯割りなら陶器グラスですし、ロックならばダブルウォールグラスが人気ですし、最近は保冷効果が高いステンレスのグラスも人気ですが、焼酎にまつわる様々なアドバイスできる知識を習得した方に認定される資格です。

さまざまな焼酎の楽しみ方

良くある飲み方でロックや水割りやお湯割りがございますが、それ以外にも様々な楽しみ方があります。
・ジュース割り
オレンジジュースやグレープフルーツジュースなどを混ぜて飲む事を言いまして、いわゆる酎ハイですね、ご自身でオリジナルの酎ハイを作る方も増えています。
・梅酒割り
梅酒に焼酎を混ぜて飲むことを言います。
特にしそ焼酎の鍛高譚が相性がいいと言われています。
・ハイボール
炭酸水に焼酎を混ぜて飲む事を言います。
ライムやレモンのスライスを加えるとさらにさっぱり感がでます。
・生姜割り
生姜の絞り汁に焼酎を混ぜて飲む事を言います。
生姜の風味がさっぱりしていて飲みやすく、シロップを加えるとさらに飲みやすく焼酎が苦手な方も飲みやすいです。
・河童割り
少し変わった飲み方ですがキュウリと焼酎を混ぜて飲む事を言います。
ほんのりキュウリの風味があり、ハイボールでも水割りでも合います。
・大葉唐辛子割り
こちらも通な飲み方ですが大葉、唐辛子(輪切りではないもの)と焼酎を混ぜて飲む事を言います。
唐辛子がピリッとしていて大葉のサッパリ感が残ります、グラスの中の唐辛子が金魚鉢の中の金魚に見えることから、「金魚割り」と呼ばれることもあります。
このようにさまざまな楽しみ方があって、上記以外にも色々な楽しみ方がありますが色々な飲み方を熟知しているのもセレクトマイスターです。

焼酎セレクトアドバイザーの口コミ、評判

資格取得後は、飲食関係やお酒を提供する場でのお仕事はもちろん、日常の晩酌に焼酎を取り入れて楽しむことも可能です。
日常の料理と合わせて楽しむ焼酎の選び方や、原材料や味によって合わせる飲み方の提案、焼酎を楽しむためのおもてなしや雰囲気の作り方、焼酎を使ったオリジナルの酎ハイなどを作る知識も有している事から大人のたしなみが必要とされる場で活躍できることが期待されます。
実際に取得した方は趣味で作っているオリジナル焼酎のレパートリーが増えた方や、バーを営んでいる方が、お客様との会話のネタが増えたり焼酎の作り方を深く学べたとの声が目立ちます。

焼酎セレクトアドバイザーになるには

焼酎セレクトアドバイザーを取得するには日本インストラクター協会(JIA)が認定している試験に合格する必要があります。
合格には70%以上の評価が必要となり、比較的優しめの試験のようですが、製法に関してはしっかり勉強してから試験に臨むのが良いでしょう。
試験の申込みはインターネットからの申込みとなり、費用は一回の受講で10.000円(税込み)となっております。
現在飲食業界の方やこれからお店を始めたい方には特にオススメの資格と言えます。
もちろん趣味で焼酎の知識を深めたい方にもオススメですのでぜひ資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
焼酎資格  焼酎資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る