記事の詳細

焼酎セレクトマイスターの口コミや評判をまとめます。
普段何気なく飲酒している焼酎ですが、皆さんは焼酎について深くご存知でしょうか?
焼酎には色々な種類があり様々な飲み方がありますが、お酒が好きで普段から良く焼酎を飲む方には、その歴史や文化に触れる事で焼酎の奥深さを知ることができ、改めて飲み方や種類を学ぶと、ご自身にあった方法を見つける事ができますし、普段から飲まない方も焼酎に関わらず発酵食品には様々な健康効果が実証されているので飲食関係や食品関係でお仕事されている方には必見の資格です。

焼酎セレクトマイスターとは

焼酎セレクトマイスターとは、素材である麦・芋・そば・シソなどに関する正しい知識や、製造方法や、その歴史に関して深い知識を有している方に認定される資格です。
焼酎は非常に歴史が長く、1477年ごろに日本で初めて製造された蒸留酒が泡盛だったと言われていて、そこから地域によって製造の文化は様々ですが、とうもろこしや栗や牛乳などの各地域の農業に根付いた原料をもとに焼酎が作られてる歴史や背景を熟知しているのが焼酎セレクトマイスターです。
また、各土地の気候や風土、文化に合わせた焼酎作りの手法の違いや、特徴に関する知識をしっかりと理解していることも求められます。
繁華街には焼酎バーとゆうお店が増えていますが、いずれもお店の店員さんは焼酎の知識が豊富なのですが、焼酎セレクトマイスターなどの資格を取得したり別の方法で学習して知識を深めていらっしゃいます。

色んな焼酎の種類

焼酎には麦焼酎・芋焼酎・米焼酎・黒糖焼酎を始めとする色んな種類がありますが、製造方法によって甲類と乙類の2種類に分類されます。
甲類とは
連続式蒸留機を使用した純度の高いアルコールを水で薄め、アルコール分36%未満にした焼酎で、新式焼酎とも呼ばれます。
特徴としては焼酎初心者の方向きで、口当たりがさっぱりしていて、焼酎独特の匂いも弱い為ジュースと割って酎ハイにしたりライムなどの柑橘系のものを絞って飲むと相性が良いです。
乙類とは
単式蒸留機を使用したアルコール分45%未満にした焼酎で、旧式焼酎とも呼ばれる古くからの伝統的な焼酎です。
本格焼酎と呼ばれていて、特徴は麦や米などの原料の旨味を十分に引き出すように作られていますので味わいや香りがとても豊富で、焼酎本来の味を楽しんでもらう為にロックや水割りで飲むことで広く知られています。
このようにとても奥の深い焼酎ですが銘柄だけでも200種類以上あるので、それぞれの製法や味を研究するのも焼酎セレクトアドバイザーの醍醐味と言えますね。

焼酎セレクトマイスターの口コミ、評判

焼酎の歴史、文化だけではなく焼酎の奥深さを熟知していて焼酎の味や特徴、飲む人の好みに合わせた、水割り、お湯割り、ロック、ソーダ割りなどの飲み方に関して正しい知識を有していることが求められます。
飲食関係にお仕事をされている方はもちろんですが、発酵の技術を勉強する意味で食品関係の方が学習の意味で資格取得をされていたり、お仕事以外の趣味で焼酎が好きな方が資格取得をされていたり幅広い方に人気の資格です。
焼酎は適量であれば健康効果が実証されていて
善玉コレステロールを増やす効果、免疫機能を向上する効果、ストレスを軽減させる効果
などの多数の効果が期待されます。
焼酎セレクトマイスターの学習をしていく過程で、製法や種類の勉強だけでなく、焼酎の歴史的文化や健康効果も学習できる事が人気の理由です。

焼酎セレクトマイスターになるには

焼酎セレクトアドバイザーを取得するには日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定している試験に合格する必要があります。
合格には70%以上の評価が必要となりますが焼酎に関する知識と言っても知識の量は多岐に渡るので本屋さんで専門書を購入したりインターネットで焼酎に纏わる情報を探し、試験に臨むのが良いでしょう。
飲み方だけではなく焼酎の製法や歴史に関しても学習しておいた方がいいでしょう。
試験の申込みはインターネットからの申込みとなり、費用は一回の受講で10.000円(税込み)となっております。
焼酎資格  焼酎資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る