記事の詳細

国内だけでなく海外でも飲酒されているほどの人気を博している焼酎は、他のアルコールよりもかなり健康的であり、過度の摂取では糖尿病などの恐れがあるものの適量を飲むことでリラックス効果を得ることができることもよく知られています。実際、焼酎に使われる材料はジャガイモや米を原料としているため、日本人の体にも適しており、コレステロールの上昇、血栓溶解、ストレス軽減、関節痛の抑制、免疫機能など多くの効果があります。また、独特のコクを味わいながら酔うことができることやオリジナルの酎ハイを作ることが出来ることから、男性だけでなく女性にも人気がある資格です。今回は、多くの人が愛してい焼酎に関する資格を、人気の順にランキング形式で紹介します 。

1位 焼酎セレクトマイスター

焼酎、生芋、米、小麦、そば、ごま、そばなどの生産方法や焼酎の歴史を正しく理解している人に認定された資格です。また、各地の気候や文化、文化に合わせた焼酎の製法の違いや特徴についての知識も十分に理解しておく必要があります。それは焼酎の味や特徴、お酒を飲む人の味に応じて、水割り、お湯割り、ロック、ソーダ割りなどの飲料の正しい知識があることを証明する資格です。これは、飲酒関係で働く人々、酒を扱う職場で働く人、アルコールが好きな人、焼酎を好む人など、幅広い人々にとって人気な資格です。

【主催団体】日本安全食料料理協会(日本安全食料料理協会)

【試験名】焼酎セレクトマイスター

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円

【受験会場】在宅受験

【試験期間】隔月20日~25日ごろ

2位 焼酎セレクトアドバイザー

焼酎セレクトアドバイザーでは、焼酎の選別方法、飲み方、グラスの選び方などに関する焼酎の認定資格です。毎日の料理と共に楽しむ焼酎の選び方、原材料や味に合わせた飲み方の提案、焼酎を楽しむためのおもてなしや雰囲気作り、焼酎を使ったオリジナルの酎ハイを選ぶ方法などがあります。資格取得後は、毎日の飲み物で焼酎を楽しんだり、飲食業界やアルコールを提供する場所で働くことができます。

【主催団体】日本インストラクター協会(JIA)

【試験名】焼酎セレクトアドバイザー

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円

【受験会場】在宅受験

【試験期間】隔月20日~25日ごろ

3位 焼酎唎酒師

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会の提供する焼酎の資格です。講座受講後に試験を受けて合格点を取得すれば資格を取得することができます。焼酎はお客様にぴったりなものを提案し、おいしさ飲み方などのアドバイスができるようになります。また、自身のスキル向上のため、焼酎プロはとして販売と製品開発の両方に活用できます。焼酎と料理の組み合わせを提案したり、酒器を選んだりすることによりプライベートを楽しむことにも利用可能です。

【主催団体】日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)

【受講料】4000~14000円

【試験料】6000~12000円

4位 焼酎検定

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)による認定試験です。焼酎の歴史・文化、造り方、モラル・マナー、楽しみ方、雑学などが出題されます。焼酎を飲む人がより多くの焼酎を楽しむこと、また、その魅力を広く知る機会を提供する目的として試験が行われています。

【主催団体】日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)

【受講料】4000~14000円

【試験料】6000~12000円

5位 焼酎きき酒師

プロカレッジによる『焼酎唎酒師講座』を受講後に、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会の試験を受験することで取得できる資格です。焼酎の基本知識を習得することから、「焼酎きき酒師」の認定試験まで、目的に応じて幅広く使える講座です。

【主催団体】プロカレッジ

【講座名】焼酎唎酒師講座

【受講料】33,940円

【期間】約3ヶ月
焼酎資格  焼酎資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る