記事の詳細

近年ペットブームに乗ってドッグトレーニングの資格が注目されてきています。

大好きな犬と触れ合いながらそのまま仕事が出来るとはとても素敵ですよね。

この記事を読んでいる人の中にもドックトレーニングの資格を取りたいと思っている人も大勢いるのではないでしょうか。

今回は数あるドックトレーニングの資格の中でおすすめなものをランキング形式で紹介していこうと思います。

1位 ドッグトレーニングアドバイザー

ドッグトレーニングアドバイザーは家庭用犬への正しいしつけやトレーニング技能を持っている人が取得できる技能となっています。JLESA(日本生活環境支援協会)という生活における技能を認定してくれる協会が認める資格の一つです。

知識として一般的な家庭でのしつけの仕方の他にアイコンタクトの仕方やハンドサインの仕方なども出題されます。これらのやり方が書いてある専門書も沢山販売されていますので、独学で勉強をする方にも敷居が低く取りやすくなっています。実際に犬を飼っている人が多いと思いますので家で専門書を読みながら実習も出来るので学校に行かなくても勉強を行いやすくなっています。

特に講習や研修を受ける必要はなく家庭でしつけやトレーニングを行っている人や独学でトレーニングの勉強を行っている人に最適の資格です。

知識があれば受験料以外に費用が掛からないので気軽に受験できるという点も非常にメリットです。

こちらの資格を取得後ドッグトレーニングアドバイザーとして活躍している人も沢山いるとても有名な資格でもあります。講師として活躍することが出来るという点で多くの人から支持されているので最もおすすめの資格です。

2位 犬のしつけインストラクター

こちらはJIA(日本インストラクター協会)という協会が認定している資格となります。

犬のしつけに当たる部分に重点をおいて審査されます。犬種や性別によるしつけの違いや室内での正しいしつけの仕方などしつけに関してのスキルがあることが証明できます。

資格取得後には犬のしつけインストラクターの講師として活躍が出来る資格になっています。

テストは隔月で年に6回行われています。また自宅で気軽に受験が出来ますので受験の敷居が低くなっています。しっかり知識をつけていれば問題なく取得できる資格なのも魅力的ですね。

3位 家庭犬ドッグトレーナー

こちらの資格は国際家庭犬トレーニング協会が認定している資格です。

資格の種類として「家庭犬トレーナー2級」「家庭犬トレーナー1級」「家庭犬トレーナー・アドミニストレーター」「家庭犬トレーナー・スーパーバイザー」の4段階に分かれています。取得するにはまず一番下の家庭犬トレーナー2級からになります。このトレーニング協会の認定している学校でドッグトレーナー養成講座を8カ月受講し、その後研修会を受ける事で受験することが出来ます。

家庭用犬と触れ合うことを一番においた研修が受ける事が出来て協会独自の知識をつける事が出来ます。

4位 JCSA認定「ドッグトリマー」

こちらはドッグトリマーになるための検定です。家庭用犬のトリミングを行うことが出来るので人気の資格となっています。カット以外にも爪の手入れや耳掃除、シャンプーなども行う仕事となっています。

取得にはペット資格の通信講座の学校で約5カ月の研修を受けたのちに試験を受ける事が出来ます。

ただし、この資格でつける知識はトリミングがほとんどなのでトレーニングやしつけの知識はまた別につける必要性があります。

5位 JCSA認定「ドッグトレーナー」

こちらはJCSAのドックトレーナーの資格となっています。

こちらも通信講座で5カ月の講義を受けたのちに検定を受けて取得することが出来る資格となっています。通信講座で犬についての深い知識をつける事ができ、また隙間時間で受講することが出来るのが利点であります。

ただし、通信講座には大体12万円ほどの金額がかかってしまうので気軽に始めるには少し敷居が高くなっています。
ドッグトレーニング  ドッグトレーニング

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る