記事の詳細

猫の育て方アドバイザーの口コミや評判をまとめます。
2010年ごろから猫ブームが始まり、2015年には「ネコノミクス」の流行語があるぐらいで、以前までは猫より犬を飼っている家の方が多かったのですが、最近ではその比率はほぼ同じくらいになっています。
その背景の一つに高齢化の影響で散歩など世話のかかる犬より猫の方が楽だし手間が少ない事が理由と言われていて、今後も猫の人気は高まると予想されているようで猫の育て方アドバイザーの資格が口コミで評価されています。

猫の育て方アドバイザーとは

猫の育て方アドバイザーは猫の育て方に関する知識を有していることが証明される資格になります。
ただし、猫の育て方に関する知識と言ってもその意味は広く、まず猫を飼う前の段階では、様々な猫の種類がある中で、どの猫を選べば自分に合うのかを理解し、猫を飼う前に揃えておく用具や、その特徴や猫を飼う上で必要な費用や、月々のエサ代、衛生管理費などを理解しており、猫を飼ってからの段階では、子猫のお世話の方法、子猫と母猫の対応、猫を飼うための環境作り、排尿や排便の方法、エサの種類や選び方、猫に与えてはいけないエサの種類などの知識も深く有している事が必要です。
その他にも生活シーンにおいては、定期的に毛のお手入れも必要ですし、猫が病気になった際の対処方法や動物病院での対応方法や猫の避妊や去勢対策などにも知識を有している事が必要となる為、猫の育て方アドバイザーは、猫を飼い、育てて共に生活する中でありとあらゆる知識を理解している猫の上級ブリーダーのようなイメージです。

色々な猫の種類

猫も様々な種類があり、約100種類以上の猫種が存在すると言われています。
例えばとても社交的で日本で大人気の「マンチカン」は好奇心が強く、遊ぶ事が大好きで、人になつきやすく愛くるしいですが、「アビシニアン」はかなりやんちゃな猫で留守中に部屋を荒らされる事があるので、しつけがかなり必要な猫と言えます。また人気の「スコティッシュフォールド」は週に2~3回以上のブラッシングをしなくては、毛が絡まって毛玉になりやすく、また毛球症を起こしやすくなります。
猫の種類や性格によって、生活環境、接し方、エサなどの飼い方は様々で、子猫の時と成人した時では性格が大きく違うようになったりもするので、仕事ではなく自分が飼っている猫の世話の為に猫の育て方アドバイザーの資格を取得する方も少なくないです。

猫の育て方アドバイザーの口コミ、評判

資格取得後は、猫の育て方アドバイザーとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
資格を取得する方も様々で、主に猫のブリーダーの方が取得取得を目指す方が多いようです。猫は犬に比べそこまでしつけが必要ではない事で認知されていますが、猫も種類や性格で育て方が大きく変わりますし、ブリーダーの方は売上げに直結するので資格取得をされる方が多いです。
猫の育て方アドバイザーとして、ブリーダー向けに講師をしたりカルチャースクールで飼い主に講師をする方もいらっしゃいますが、選任の方はごく少数で、ペットショップやペット関連のお仕事をされている方がほとんどのようです。
お仕事以外にも熱心な方は、猫に関する知識や正しい対応方法について学べるいい機会と考えて受講したとの声が口コミになり、受講されている方も増えてはいるようですが、現状はまだ広くは浸透してはいないようですね。

猫の育て方アドバイザーになるには

猫の育て方アドバイザーを取得するには日本生活環境支援協会(JLESA)が認定している試験に合格する必要があります。
合格には70%以上の評価が必要となりますが猫の育て方に言っても知識の量は多岐に渡るので本屋さんで専門書を購入したりインターネットで猫に纏わる情報を探し、試験に臨むのが良いでしょう。
試験の申込みはインターネットからの申込みとなり、費用は一回の受講で10.000円(税込み)となっております。
現在ブリーダーの方や、これからブリーダーを目指す方、やペット業界でお仕事をされている方、したい方にはオススメの資格と言えます。
もちろんお仕事以外で、猫の知識を深めたい方にもオススメですので、ぜひ資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
猫の育て方資格  猫の育て方資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る