記事の詳細

日本はペット大国ともいわれています。日本では多くの家庭で犬をペットとして飼っていると言われていますが、その次に多いのが猫です。猫たちはたくさんの人が好きで、寝ている人の布団に入り、テレビを見ているときに膝の上に乗ってきたり、その飼い主wp毎日のように治癒しているようです。しかし、ペットだけでなく、猫も飼っておくためには知識も必要です。今回は、そのようなかわいい猫にとって人気のある資格のランキングを紹介します。

1位 猫の育て方アドバイザー

この資格を持っていることで猫を育てるアドバイザーとして、猫を育てる方法についての知識を持っていることが分かります。例えば、猫を飼うために必要な費用、犬を飼う前の用具とその特性、猫を選ぶ方法、猫を飼う環境を作る方法、子猫と母親の猫の対応方法、子猫を世話する方法 、排尿、排便の問題子猫の病気、動物病院での対応方法、猫が食べないような食べ物、猫のトイレ、餌を選ぶ方法、トリミングを飼う方法、猫の避妊や去勢の知識などがあります。資格を取得した後は、猫の育て方アドバイザーとして活躍し、自宅やカルチャースクールで講師の活動を行うことができます。

【主催団体】日本安全食料料理協会(日本安全食料料理協会)

【試験名】猫の育て方アドバイザー認定試験

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円

【受験会場】在宅受験

【試験期間】隔月20日~25日ごろ

2位 猫の健康管理インストラクター

猫の健康管理インストラクターとして、猫のタイプ別の知識があることが証明されます。アビシニアン、アメリカンカール、エキゾチックなショートヘア、エジプシャンマウオシキャット、シムリック、コーニッシュレック、シベリア猫、ジャパニーズボブテイル、シャム、シンガプーラ、スコティッシュフォールド、スフィンクス、ソマリ、ターキッシュバン、トンキニーズ、ノルウェージャンフォレストキャット、 ハバナ・ブラウン、ピクシーボブなど、顔や目のような外観の特徴的部分、性格やケアなどの個性と歴史や多くの種類のネコの誕生国など、そのような猫を育てる環境を知ることが証明されています。資格取得後、猫の健康管理インストラクターとして働くことができます、自宅やカルチャースクールで講師の活動をすることができます。

【主催団体】日本インストラクター協会(JIA)

【試験名】猫の健康管理インストラクター認定試験

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円

【受験会場】在宅受験

【試験期間】隔月20日~25日ごろ

3位 キャットケアスペシャリスト

基本的な猫の品種、日常の飼育管理の方法から、猫の歴史や技術用語、看護、ケア、繁殖、出産に関連することまですべてを学ぶことができる猫のためのスペシャリストトレーニングコースです。もちろん、猫の専門家だけでなく、キャットシッターとして活動を始めたい人や、猫の専門家として活躍したい方にお勧めしたい専門講座です。

【主催団体】たのまな

【講座名】キャットケアスペシャリスト講座

【受講料】97,090円

【学習期間】約4ヶ月

4位 キャットシッター

2018年1月31日で終了予定の講座です。1992年にキャットシッターを設立した猫の訓練コースで、合計50,000匹以上のネコを世話してくれた南里秀子が直接教えるコースです。2006年に始まった、猫の森の精神を受け継ぐ熱意に満ちたキャットシッターは、全国各地で活動しています。

【主催団体】猫の森

【受講料】41万400円

【期間】6日

5位 キャットフレンドリーパーソン

愛猫家を対象とした、キャットフレンドリーパーソンという資格です。猫の資格は有名なものも多く、就職活動やキャリア変更にも役立てるものが多くあります。ちょうどキャットフレンドリーパーソン資格の資格は、これまでのところキャリア形成に役立てるような専門知識は必要ありません。 その理由から、誰でも比較的簡単に得ることができます。東京猫メディカルセンターが監修を行い、ヒューマンアカデミーが実施する私的資格です。愛猫家のための猫の基本的な知識を持っている人に授与されます。

【主催団体】東京猫医療センター

【受験資格】特になし

【受験料】3回目までは講座受講料金に含まれる

【受験会場】在宅受験

【試験期間】随時
猫の育て方資格  猫の育て方資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る