記事の詳細

発酵食健康アドバイザーの口コミ、評判をまとめます。
そもそも発酵食品とは、微生物などの作用で元々の食材・食品が持っている成分を変化させる事で、食材・食品の味や触感や効果を改良した食品の事を言います。
発酵食品の製造工程において、定められた微生物の繁殖を促すために温度や湿度などの環境を整える必要性があり、素人には製造が難しそうに感じますが、発酵食品は保存食として非常に重宝されています。
発酵食品と言えば大豆を発酵して作る納豆や牛乳を発酵して作るヨーグルトなどが有名ですが、ワインやビールなどのアルコール類も、メジャーな発酵食品として広く流通しています。

発酵食健康アドバイザーとは

発酵食品や発酵食品を使った料理などに関する知識を有している方に認定される資格です。
発酵食品を生成する過程にも様々な種類や手法がありますが、主な微生物の種類としては
・納豆を生成する際に使用する「納豆菌」
・パンなどを生成する際に使用する「酵母菌」
・日本酒などを生成する際に使用する「糖化発酵」
・キムチや浅漬けを生成する際に使用する「乳酸菌」
・しょう油やみりんを生成する際に使用する「麹菌」
発酵にも様々な手法があり、主な手法としては
・ヨーグルトなどの乳製品を加工する乳酸菌発酵
・ビールなどの糖を分解して加工するアルコール発酵
・酢を生成する際の手法である酢酸発酵(さくさんはっこう)
などのこれらそれぞれの働きや効果に関する知識も求められ、微生物や菌の動きに関して熟知し、美容や健康にどのような効果があるのかを理解している
言わば「発酵食品に関するスペシャリスト」です。

発酵食健康アドバイザーの仕事、やりがい

資格取得後は、発酵食健康アドバイザーとしてカルチャースクールの講師として活躍できます。
発酵食品を使った料理方法や、バナナとヨーグルトを一緒に食べる事で、腸内環境を良好にしやすくなる事が代表されるように、効果的な食べ合わせの方法をアドバイスできます。
知識だけではなく、実際に味噌やヨーグルトなどの自家製発酵食の作り方や、普段の生活に効果的に発酵食品を取り入れるためのアドバイスできるようになる為、様々な領域で活躍できます。
また、発酵食健康アドバイザーで学んだ知識や技能は講師活動だけでは無く、食品製造会社にて製造工程のオぺレーションを構築する事に役立ったり、飲食関係の業界で自身の技術を直接お客様に提供する事ができたり、広いフィールドで活躍する事が期待できます。
資格取得が大変かなと感じてしまうかもしれませんが
実際に発酵食健康アドバイザーを取得した方で、食品業界にお勤めをされていて、健康ブームで発酵食品の企画をする事になり資格取得の学習をしていたら深い知識を得れたのでとても仕事の役に立ったと言う方もいらっしゃれば、50歳を超えて健康に興味を持ち、発酵食健康アドバイザーを取得し自宅で漬物を作るようになった。
とゆう声もあるので、発酵食健康アドバイザーの資格は取得後に有用性を感じている方は多いです。

発酵食健康アドバイザーの口コミ、評判

発酵食健康アドバイザーは食品業界、飲食業界、料理教室、プライベートまで多岐に渡るフィールドでの活躍が期待できる資格がゆえに、広い知識が必要です。
発酵食品や成分に関する知識から発酵の手法に関する知識までをしっかり学習し、発酵食品の美容や健康などの効果に関する様々な側面からアドバイスができるよう、広範囲の学習が必要です。
さらに、知識を学習するだけでは無く技能も求められますので、実際にヨーグルトなどの発酵食品を作れる事も必要になります。

発酵食健康アドバイザーになるには

発酵食健康アドバイザーを取得するには日本インストラクター協会(JIA)が認定している試験に合格する必要があります。
ヨーグルトは多様な効果や効能があり、最適な摂取量や食べ合わせやレシピは多様で、食品に関わる資格は特に安全管理も問われますから学習の範囲も広いです。
合格には70%以上の評価が必要となりますのが本屋さんで専門書を購入したりインターネットでヨーグルトに纏わる情報を探し、試験に臨むのが良いでしょう。
試験の申込みはインターネットからの申込みとなり、費用は一回の受講で10.000円(税込み)となっております。
発酵食品資格  発酵食品資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る