記事の詳細

近年、健康意識が強く、体に良い食べ物を選びたい人が増えています。その中でも発酵食品の存在が特に注目されています。乳酸菌、納豆菌、酵母などの微生物の助けを借りて、古くから伝えられてきた人類の知恵ともいえるでしょう。近年、詳細な知識を有する専門家として注目されている発酵食品に関する詳細な知識を有する専門家が、免疫細胞を増加させ、癌の発症を抑制することまで期待されていいるほどなんです。今回はそのような発酵食品に関する専門の資格5つを紹介します。

1位 発酵食健康アドバイザー

発酵食健康アドバイザーは、発酵食品を使用した料理および発酵食品に関する知識を有する者に認定された資格です。発酵食品の発酵過程での微生物や菌類の作用、美容と健康に及ぼす影響、乳酸菌発酵の違い、アルコール発酵、酢酸発酵、糖化と発酵、乳酸菌、納豆、酵母、効能と効果についての知識も必要です。また、発酵食品の調理、効果的な食べ方、自家製発酵食品、発酵食品の日常生活への効果的な取り込みに関する知識やスキルが必要です。資格を取得した後、発酵食品の専門家として、美容や健康など様々な面でアドバイスをする講師としても活躍できます。

【主催団体】日本インストラクター協会(JIA)

【試験名】発酵食健康アドバイザー認定試験

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円

【受験会場】在宅受験

【試験期間】隔月20日~25日ごろ

2位 有機美容発酵食品マイスター

有機美容発酵食品マイスターは、発酵食品に関する幅広い知識を持っていることを証明する証明書です。発酵と腐敗の違い、主要な発酵食品とその違い、麹と菌の働き、発酵食品ミリン、酢、味噌、カツオブシ、チーズ、ヨーグルト、酒かす、キムチ、甘酒などの知識、 発酵プロセス有機物の美しさや健康への影響、予想外の発酵食品など、発酵された食品に関連する様々な分野の深い理解と理解を得ている方に認定されています。資格を取得した後、毎日発酵食品を組み込んだ健康的な生活を送るのに役立てるだけでなく、活動の場、健康に関する仕事、健康に関する仕事、食生活や教育に関する仕事、 飲食関係があります。

【主催団体】日本安全食料料理協会(日本安全食料料理協会)

【試験名】有機美容発酵食品マイスター認定試験

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円

【受験会場】在宅受験

【試験期間】隔月20日~25日ごろ

3位 健康食コーディネーター

ここ数十年、健康食品市場は急速に発展しており、高齢化や医療費負担の増加、自己投薬の継続などにより、将来的にはより大きな市場になることが予想されます。一方、その取り扱い基準は必ずしも明らかにされていないという問題から この健康食品取扱いサイドと使用サイドがそれぞれ実践的な正しい知識を身につけて人々の健康増進などに貢献できるかどうかを判断するための認定試験です。

【主催団体】一般財団法人 職業技能振興会

【試験名】健康食品コーディネーター

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円

【受験会場】東京・大阪

4位 発酵マイスター

日本発酵文化協会の資格制度は、日本における発酵と発酵食品文化の正しい知識の普及と継承を目的とした公式資格です。発酵教室で発酵食を自ら楽しんでいて、さらに知識を深めたい場合は、発酵マイスター養成講座を受講することができます。発酵食品の魅力と発酵の歴史と文化を知ることを目指しています。発酵マイスター認定試験に合格した後の発酵についてもっと知りたい場合は、発酵プロフェッショナル養成講座にステップアップすることができます。日本の発酵食研究、健康への影響を学び、発酵の魅力を周囲に伝える伝道師になることを目指しています。その後、自身のスキルと目的に応じて、フランチャイズシステムと研究者システムに加わることができます。また、日本発酵文化協会の認定インストラクターとして活躍できる場を用意されています。

【主催団体】日本発酵文化協会

【講座名】発行マイスター養成講座

【受講料】81,000円

【期間】4日

5位 発酵食スペシャリスト

タナカ ナカムラが教える講座です。カリキュラムでは、毎日の食生活に欠かせない味噌・醤油などの調味料の使い方から発酵食品の知識や技術を発酵食品の効果から選択方法や調理方法のヒントまで幅広く取り入れています。

【主催団体】Whole Food

【講座名】発行マイスター養成講座

【受講料】36,000円
発酵食品資格  発酵食品資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る