記事の詳細

盆栽は、昔は高齢者の方の趣味という認識でしたが、今は外国人や若い人にも見直され、クリエイティブな趣味としてよみがえろうとしています。日本デザインプランナー協会が認定する盆栽クリエイターは、盆栽に関するあらゆる知識を有し、手入れだけにとどまらず、歴史や選び方なども理解していることを証明するものです。ここでは、盆栽クリエイターの口コミや評判についてお伝えしていこうと思います。

 

手間をかけた分だけ木が答えてくれる

盆栽は、木との対話ともいわれるほど、常に木の状態に気を配っていなければなりません。見た目がきちんと自然の大木になるように、陽の当たらないところは当たるように他の枝を切ったり、針金で枝を曲げたりという作業を行います。人によっては「木を人間の好みの形に変えるなんて…」と眉をひそめるかもしれません。しかし、自然は人間の手を加えることが必要な場合もあります。森などもすべてを自然のままにしていれば、どんどん淘汰されていき、動物も生きていけなくなるかもしれないのです。自然にしておくと下の方にある木は陽の光が届かずに枯れていってしまいます。ほうっておけば虫がついてしまうこともあります。それほど自然というのは厳しい一面があるのです。自然がすべて良いとは限らず、人の手が入ったものもまた、美しく意味があるのではないでしょうか。木と触れ合う、木と語り合うことで木は答えてくれるのです。口コミでは、「盆栽の歴史や技術、意義を知ることによって、ますます盆栽がおもしろくなりました」と言った声が聞かれました。

 

海外の方とのコミュニケーションが深まった

盆栽は、海外の人には日本独自の文化として、深い興味の対象となっています。「和のグリーンインテリア」という認識を持ち、日常の中に小さな自然を取り入れようとする、日本人の心を学ぶ機会としているようです。盆栽クリエイターとして活躍することは、日本と海外との架け橋となる可能性を持っています。「庭で盆栽をやっていると、外国人の方によく声をかけられる」「教えてほしいと外国人の方に頼まれました」などの口コミも見られました。往々にして日本人よりも、外国人の方が日本の文化に詳しいこともあるのが昨今の現状です。日本人として日本の文化をきちんと海外の方に説明でき、知識を継承し、技術を伝えることができるのは、素晴らしいことですね。

 

盆栽クリエイターとして講師もできる

盆栽クリエイターの資格を取ると、講師業も行うことができます。盆栽クリエイターは人に教えることができるスキルがあることを証明する資格ですから、当然のことですよね。カルチャースクールや自宅での講師業、またブログで日々の盆栽生活を発信することも可能です。近頃はネットで通信販売を行っているサイトもあるようですので、そういった形で自分の作品を広く世界に評価してもらうこともできます。口コミでも、「自分の盆栽が人に買ってもらえるなんて、感激しました」との嬉しい声が届いているようですね。

 

盆栽クリエイターの口コミ・評判のまとめ

盆栽クリエイターの口コミや評判についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。盆栽クリエイターはクリエイティブで、海外からの評価も高い資格だと分かりました。どうぞあなたも、この口コミや評判を参考にして、盆栽ライフを楽しんでみてくださいね!
盆栽  盆栽

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る