記事の詳細

福祉心理アドバイザー認定試験をご存知ですか?福祉心理アドバイザー認定試験は、日本インストラクター技術協会が資格認定を行っている、福祉心理に関する試験です。この試験に合格すると、福祉や心理の基礎的な知識を有し、それを教えるスキルを持つとみなされ、福祉心理アドバイザーの資格が贈られます。ここでは、福祉心理アドバイザー認定試験の口コミ・評判についてお伝えしていきますね。

福祉の知識を教える講師への道が開ける

福祉心理アドバイザー認定試験に受かり福祉心理アドバイザーの資格を持つということは、福祉に関して人に教えることができる知識を持つと、認められたということです。口コミでは、「まず市民ボランティアの講師などから始めたいと思っています」といった声が聞かれました。身近な地元のボランティアとして働くのも、人に役立つことで、素晴らしいですね。ボランティアだからこそ、なにか人に提供できるスキルが必要となってくるのではないでしょうか。また、介護福祉関連のお仕事に就くときにも、こちらの試験を受けて資格を取ることで自信がついた、という方もいらっしゃいました。独学だとしても、やはりきちんとした試験を受けて、資格を持っているのといないのとでは気持ちの上でも違ってくるものなのでしょうね。

周囲の人に福祉の知識を教えられる

他に口コミで多いのは、近所の人や友達などに、福祉心理の知識を教えられる、というものでした。今の時代は、高齢者のいらっしゃる家はとても多いです。介護されている方、介護まで行かなくても高齢者の生活のお手伝いをしなければならない方はたくさんいらっしゃるはずです。そういったときに、福祉心理の知識があるかどうかは、介護やお手伝いをされる方の負担に、ダイレクトに影響してきます。介護をするというのは身体的な負担、精神的な負担ともに大きいものですから、福祉心理の知識がある方に学ぶというのは、非常に有意義なことではないでしょうか。「友人や知人と知識を共有して、喜ばれている」「近所のおじいちゃんやおばあちゃんの気持ちがよく分かるので、感謝される」といった声はとても多いようですね。

自分の家族ともスムーズに行くようになった

介護というのは、家族であってもぎくしゃくしたり、ケンカが絶えないなど、お互いに疲労してしまうものですね。福祉心理アドバイザー試験で資格を取ったということは、人に教えることができると、みなされているということです。人に教えるとは自分だけの頭の中の知識を、他人に分かる形でアウトプットすることですから、より実践的となります。例えば、高齢者が食欲がないのに食べろなどと言っても、それをやれないのには理由があったりします。飲み込みが良くないとか、口が乾いていることで食欲がわかないことは多いのですが、本人がそれを意識していなければ、問題の解決にはつながりません。口コミでは、「高齢者のことを学んで、自分との違いを知って家族との関係が改善してきた」という声も聞かれました。やはり思い込みではなく、きちんとした知識を学んで活かすというのは大事なのですね。

福祉心理アドバイザー認定試験の口コミ・評判のまとめ

福祉心理アドバイザー認定試験の口コミ・評判は、やはり家族や周りの人の役に立った、という声が多いようですね。これからの時代、こういった福祉心理の資格を取る方が増えることは、一つの明るい道筋となってくるのかもしれません。今回の口コミ・評判を、よかったら参考にしてみてくださいね。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る