記事の詳細

これからの時代が求めている資格といえば、やはり福祉に関する資格というのが一番に上がってくるかと思います。ここでは、「福祉心理カウンセラー」という資格の認定試験についての口コミ・評判をまとめてみました。福祉心理カウンセラーとは、日本メディカル心理セラピー協会で認定されている資格です。福祉や心理に関する基礎知識を有しており、カウンセラーとしてのスキルを持って活動できることを証明するものとなっています。今後、どんな資格を取るか迷ったときに、参考にしてみてくださいね。

将来性のある資格の認定試験

福祉心理カウンセラーは、これから福祉に関する仕事に就きたい方にはぴったりの資格のようです。試験を受けて資格を取った方の口コミでは「初めて福祉の資格を取りましたが、就職のときに信用されたようですぐに採用となりました」「将来を見据えてこの資格試験を受けて良かったです」という声が上がっています。福祉というのは高齢化社会になりつつある日本において、なくてはならないお仕事です。きちんとした資格をもって仕事に就かれる方は、職場でも、福祉サービスを受けられる人にも歓迎されているようですね。

すぐに福祉の資格を取りたい人へ

社会福祉士や介護福祉士など福祉に関する資格はさまざまありますが、そういった資格は取るのに時間やお金がかかってしまいます。福祉心理カウンセラーはその点、講座で勉強し、2ヶ月に1回ある試験を受ければ、取ることができる資格です。福祉心理カウンセラー認定試験は、今すぐ福祉の資格が取りたい、なるべく安く受けたいという方に向いているようです。早く現場で働いてみたいという希望をお持ちの方や、子供が大きくなってきたので福祉の現場で働いてみたい、といった方が受験されることが多いとの評判です。そういった意味では、より現場に近いところにある試験、資格なのかもしれません。 

心理についての基礎知識があることが認められる

もう一つ、みなさんの口コミで多いのは「心理学の基礎を学んだことを、この試験に合格することで認められた」というものでした。心理学は、どんな仕事をするにしても学んでおいて損はない学問ですね。介護福祉の現場においては、高齢者の心理やご家族の心理、職場の同僚・上司との関係など、さまざまな場面で心のケアに関わることになります。もちろん、まずご自身の心の健康を保つことが大事になってきますよね。そういったときに心理学の基礎があるか、ないかでだいぶ対応が変わってくるのではないでしょうか。口コミでは、周囲とのコミュニケーションがうまくいくようになったという方もいらっしゃいました。1日のうち、働いている時間というのは長いのですから、なるべく気持ち良く働きたいものですよね。

福祉心理カウンセラー認定試験の口コミ・評判についてのまとめ

日本メディカル心理セラピー協会で受けられる、福祉心理カウンセラー認定試験の口コミ・評判についてまとめてみましたが、いかがでしょうか。福祉や介護の仕事に就くときの、まず第一歩として受けるのには最適な試験であり、心理学の基礎もあることが証明されるのが、実用的だとの評判だったようですね。今回の口コミをどうぞ活かして、人の役に立つ仕事を目指してみてください。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る